北海道発の育成型フルーツアイドル、「メンバーがすぐ辞めちゃう…」

 22日、『矢口真里の火曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。矢口真里と芸人の岡野陽一がMCを務め、アイドルをスタジオに招いて本音を引き出すトークバラエティ番組だ。

 今回は、北海道発の育成型フルーツアイドル・フルーティから小原優花、北出彩、須藤美里がゲストに登場。グレープフルーツ担当の北出は、グループの注目ポイントとして「メンバーがすぐ辞めちゃう」を挙げたが、その中には“メジャーなフルーツ”の担当も含まれていたという。


 カシスやプルーン、すももなど、現メンバーの担当フルーツを聞いた矢口が「北海道発って書いてあるからさ、入れといた方がいいんじゃない? 有名な(果物も)」「果物こんなにあるんですよ! 豊富なんですよ! っていうのに、マスクメロンとか入れておかないと」とアドバイスすると、岡野も「メロンは絶対に欲しいよ!」と矢口に同意する。

 リーダーのライム担当・小原は「これまでにも王道のフルーツがいたのにフルーツの仕事が全く入ってこなかった」と熱弁。ここで矢口が「フルーツの仕事ってあんまないでしょ?」と的確なツッコミを入れて笑いを誘うが、北出が「いっこだけ! 果樹園のCMを、元々いたブルーベーリー担当の子と、私グレープフルーツ担当がさくらんぼの被りものをしてやりました」と、数少ないドンピシャな案件を振り返った。

 思わず岡野は「ややこし〜!」とリアクションし、矢口も「全然違う果物……」と苦笑。やはり北海道ならではのメジャーなフルーツが欲しいという結論に至ったが、メンバーが出荷(グループ卒業)するたびに微妙なフルーツばかりの編成になっている現状のようだ。


▶︎『矢口真里の火曜The NIGHT』はAbemaビデオにて無料配信中


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000