デートクラブ潜入の女子アナ「1回するだけで10万貰えたら……」揺れる心境

 元NMB48研究生で現在AbemaTVの専属アナウンサーを務める瀧山あかねが、デートクラブに潜入取材し、セレブ男性とのデートで「1回10万円」の条件提示を受けた。

 8月19日放送のAbemaTV「給与明細」で、「引っ越し代を稼ぎたい」と意気込む瀧山アナが、 デートクラブに潜入し一般男性とのパパ活お食事デートを行った。お相手は不動産業で年収4000万を稼ぐ52歳妻子持ち男性で、瀧山アナの実父よりも4つも年上だった。その男性は、瀧山アナの整った顔立ちと身長170センチの見事なプロポーションに緊張の色を隠せず、終始汗をかいていた。


 2人が入ったのは個室のレストラン。男性は紳士的な態度を保ちながらも、サプライズのケーキや、交通費として1万円を渡すなど、あの手この手で瀧山アナとの距離を縮めようとしていた。普段の出会い、男性の収入などについての会話を一通り終えると、いよいよ本題へ。男性は、「ぜひお付き合いしたいですよ。都度、10万とか。それくらいでどうですか?」と1度につき10万円という禁断の契約を提示した。


 これを瀧山アナは、「好きになれたらまた別なんですけど、私、好きな人としか(エッチ)したことないので。その契約をお受けするのはちょっと厳しい」と丁重に断った。しかしデート後、カメラの前で瀧山アナは、「楽しかったです。1回するだけで10万もらっちゃったら……と思いましたけど、出来ないなとも思っちゃいました」とその揺れていた心境を明かした。また、「やってます。友達はやってます。エッチしてます」と周りでパパ活から肉体関係まで発展している友人がいることを告白した。


 他にも番組では、1度のデートで12万円稼ぐ女性や、10年間、月に100万のペースで稼いだ女性など、デートクラブで高額を稼ぎ出す女性にインタビューを行っている。

(C)AbemaTV

▶【ウラ給与明細】「Hは好きです。」パパ活女子のホンネ

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000