「そこはお尻じゃない」! 「尻職人」倉持由香、よゐこの冷却スプレー噴射に自前パンツが……

 日常生活に潜む疑問を体当たりで調査する教養バラエティ番組「よゐこのカラダで調べる7〜8の事」が、8月14日にAbemaTVで生放送された。この日の調査課題は「接触物は皮膚感覚で判別可能か」。よゐこのふたりとゲストの「尻職人」倉持由香が調査に挑んだ。同番組は16年から不定期放送され、今回が7回目。これまでも、さまざまな物議を呼ぶ「調査」を実施してきている。

 最初の課題はバナナ判別。パンツちら見えミニスカ姿の倉持が、お尻を突き出してバナナの接触を待つ。濱口が1本のバナナを手にし、倉持の尻に押し付けた。倉持が背中越しにバナナを握る。反り具合を確かめ、先端をなで回して特徴をつかむ。向き直った倉持は、テーブル上に並べられた数本のバナナから、尻に押し当てられた一本を見事言い当てた。尻判別、成功。

 二つ目の課題は、より難易度の高いスプレー判別。ヘアスプレー、殺虫スプレー、コールドスプレーなどの噴射を受け、その感触から当該スプレーを特定する。ゴーグルに目隠し姿の有野がおでこにスプレーを受けることになった。有野は皮膚感触と匂いなどから、スプレーの特定に成功した。続いて倉持もスプレー判別に挑んだ。倉持はおでこではなく尻での判別だ。

 濱口がコールドスプレーを吹き付けると、「いたーいー」倉持の悲鳴が響き渡った。濱口はこの実験の前に行われた「ミニスカ風圧上昇実験」でもコールドスプレーを倉持の尻に向かって下方から吹き付け、「そこはお尻じゃない」と抗議を受けたばかり。スカートめくりに興じる悪ガキのように、嬉々として噴射し続けていた。

 スプレーの特定に失敗した倉持は、「あたし、このパンツで来たんです。冷えっぱなしで帰るんですよ」とボヤくことしきりだった。

(C)AbemaTV

【無料! 見逃し視聴】「よゐこのカラダで調べる7〜8の事」で爆笑必至 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000