明るさと勢いを取り戻せ! 借金10の横浜DeNAラミレス監督「シンプル&エンジョイベースボール」継続宣言

 シンプル&エンジョイベースボールは継続だ。8月10日、対阪神15回戦に1対3で敗れ、借金が今季最多の借金10にふくらんだ横浜DeNAだが、アレックス・ラミレス監督(43)は8月11日の試合前、「昨日と同じにシンプル&エンジョイベースボールですね」と語った。パニックにならず、楽しんで勝つ。チームの持ち味でもある明るさと勢いを取り戻したいという考えのようだ。試合前の主なコメントは以下のとおり。

-昨日はシンプル&エンジョイベースボールでした。

 昨日と同じにシンプル&エンジョイベースボールですね。昨日のメッセンジャーは良すぎてエンジョイできなかったので、エンジョイして勝つということを意識したい。


-先発陣は先制点を与えないことを意識しすぎですか?

 あまり先発陣も考えすぎてることはないと思う。もちろん四球与えすぎて失点してれば別だが、いい球を投げてもクリーンナップに打たれて点を取られることが多いので、そのへんかなと思う。例えば相手の打者が投手で追い込んでるのに打たれるというのは、甘く見た結果だと思う。今後は誰が打者であろうと対応していくというのが大事だと思う。(昨日のメッセンジャーを含め)ここ最近相手の投手に打たれて相手に流れが行くことがあったのでそこは注意したい。


-昨日は1回の桑原セーフティバント、ロペスも3ボールから打つなどアグレッシブな面も見せました。

 昨日はメッセンジャーだったので、何か変えないといけないということでバントした。もう少し違うところにいけばセーフかなと思ったけど。ロペスも3ボールの時は僕も振ってほしいと思っていた。結果は出なかったがアグレッシブにいくことが重要だと思う。


 特に今月はハマスタで宮崎以外ホームランが出てない。ロペスもそう。昨日のロペスも打って流れを呼び込むという姿勢はあった。結果は出なかったが、積極的にいくことは大事だと思う。

(C)AbemaTV

▶【動画】8/10 横浜DeNA対阪神 ハイライト

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000