浜辺美波、『賭ケグルイ』続編制作決定をポロリ 森川葵にツッコまれ悶絶「言いたくて言いたくて」

 累計400万部突破の大ヒットコミックをMBS/TBSで今年1月に連続ドラマ化した「賭ケグルイ」のseason2&劇場版映画制作が決定した。

 それは9日に都内で行われた「賭ケグルイ」Blu-ray&DVD発売記念イベントでのこと。主演の浜辺美波、共演の高杉真宙、森川葵、英勉監督が参加した。


 ギャンブルの強さだけが生徒の階級を決める私立百花王学園を舞台に、ギャンブル狂の美少女・蛇喰夢子(浜辺)と、彼女に翻弄される鈴井涼太(高杉)、夢子と共闘していくJKギャンブラー・早乙女芽亜里(森川)が極限の心理バトルを繰り広げる。


 原作の時系列に沿い、前作からの続きとなる「賭ケグルイ season2」は、2019年春にMBS/TBSのドラマイズム枠で放送。season1のキャスト続投の『映画 賭ケグルイ』も同年春に公開される。詳しい内容については後日発表される。

 イベント終盤に続編&映画版の情報が解禁されると「嬉しい!」と大喜びの浜辺だったが、実はseason1の名場面を振り返る企画中に「夢子にはそういう表現はなかったけれど、次にないかな?」と続編をにおわすフライング。その発言に驚いたという森川から「さっき『次』って言っていた」とツッコまれると、浜辺は「ちょっと言いたくて言いたくて、凄く我慢ができなかった!」と赤面反省。しかしそれ以上に劇場版の内容を暴露しそうになった英監督は3人から総スカンで「僕が監督していないかもね…」とガックリ肩を落としていた。


 続編&映画制作に高杉は「同じ役を時間をおいてやることはそうないこと。こうやってたくさんの方に『賭ケグルイ』でお会いできるのは、ファンの皆さんのおかげ」と感謝。一方、森川はseason2について「season1に出ていたメンバーで出演する人は多いし、ちょっと聞いたけれど新しいメンバーも豪華になっているみたい」とスケールアップに胸を躍らせていた。

テキスト・写真:石井隼人


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000