ひめちゃんの告白にテジュがまさかの返事 衝撃展開にスタジオ騒然 『恋愛ドラマな恋がしたい』最終回

 AbemaTVにて7月28日(土)よる11時より『恋愛ドラマな恋がしたい』の最終回が放送され、若手俳優男女8人の恋の結末に注目が集まった。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、お笑い芸人の渡辺直美と、俳優の大野拓朗、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。


 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、モデルとして活躍する縣豪紀(以下:あがた/26歳)、ジュノンボーイコンテスト準グランプリで大学生の岡田龍太郎(以下:りゅうたろう/24歳)、恋愛経験なしでキスも未経験という川村海乃(以下:うみちゃん/22歳)、韓国で俳優と活動しているテジュ(以下:テジュ/29歳)、半年前にボーカリストとしてデビューした橋本 裕太(以下:はっしー/23歳)、モデルをしている姫野佐和子(以下:ひめちゃん/23歳)、元NMB48のメンバーの三秋里歩(以下:りぽぽ/23歳)、ダンスが得意な女優の米山穂香(以下:こめちゃん/20歳)の男女8人。

(左からひめちゃん、テジュ、こめちゃん、りゅうたろう、うみちゃん、はっしー、りぽぽ、あがた)


 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 最終回でメンバーたちに配られた台本は白紙で、それぞれが台本のないドラマ=ドキュメンタリーを演じる。告白し、両思いになったカップルだけが最後のキスシーンに出演できるのだ。ただし、告白できるのは女子メンバーのみ。

 ひめちゃんが選んだのは第一印象からずっと思いを寄せ続けてきたテジュ。ひめちゃんは、「いつも私と組みたいって言ってくれて、支えてくれてありがとう。演技のことがわからなかったけど、諦めないですごく真剣に教えてくれて嬉しかった。この番組にでて、テジュに会えて嬉しいし、テジュのことがとても好きです」と告白。

 テジュは、「ありがとう。嬉しいよ」とひめちゃんの手を取り、告白成功。そして、ドキュメンタリードラマへ。

 しかし、テジュは「実はさ、これをどうやって伝えたら良いか悩んでたけど…」と重い口を開く。テジュは自分が出演するドラマを見て、自分の演技にガッカリしたと話し、「恋愛したら、夢中になってしまう。演技に対して集中しない姿がみえて。好きだけど、今は100%、200%仕事に全力を尽くさないと何もできないんじゃないかなって思ってしまった。ごめん」といまは恋愛よりも仕事に集中したいという本音を明かした。

 続けて、「でも、本当に言えるのは、本当に好きだから。俺の姿に満足できる日がきたら、俺から佐和子に告白したいと思う」と、待っててほしいと言う。ひめちゃんは、「その気持ちだけでも嬉しい」と笑顔を見せた。


 最後にテジュは、ひめちゃんのおでこに本気のキス。そして、涙を流すひめちゃんを思いきり抱きしめた。2人は、「絶対に自分たちが満足できるような人間にお互いなって、笑って会えるといいね」と約束。その日がくるまでにお互いが成長することを決めた。

 ずっと2人を見届けてきたスタジオメンバーはまさかの結末に唖然。ハッピーエンドを願ってただけに、「きついよあれは…」「辛い辛い」とひめちゃんに同情する女子メンバー。福徳が恋愛は役者業にそんなに影響するのか?と大野に尋ねると大野は、「する!」と即答。「俳優業に心をすり減らしてやってるから、恋愛に心を割いている余裕がない」と役者目線の意見を語った。2人の今後の活躍、そして数年後に付き合うというハッピーエンドが待っていることに期待したい。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000