うみちゃんとこめちゃんが告白 りゅうたろうが選んだ女子とは? 『恋愛ドラマな恋がしたい』最終回

 AbemaTVにて7月28日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい』の最終回が放送され、若手俳優男女8人の恋の結末に注目が集まった。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女8名が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、お笑い芸人の渡辺直美と、俳優の大野拓朗、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、タレントの谷まりあを迎えた。


 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、モデルとして活躍する縣豪紀(以下:あがた/26歳)、ジュノンボーイコンテスト準グランプリで大学生の岡田龍太郎(以下:りゅうたろう/24歳)、恋愛経験なしでキスも未経験という川村海乃(以下:うみちゃん/22歳)、韓国で俳優と活動しているテジュ(以下:テジュ/29歳)、半年前にボーカリストとしてデビューした橋本 裕太(以下:はっしー/23歳)、モデルをしている姫野佐和子(以下:ひめちゃん/23歳)、元NMB48のメンバーの三秋里歩(以下:りぽぽ/23歳)、ダンスが得意な女優の米山穂香(以下:こめちゃん/20歳)の男女8人。

(左からひめちゃん、テジュ、こめちゃん、りゅうたろう、うみちゃん、はっしー、りぽぽ、あがた)


 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、8人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 最終回でメンバーたちに配られた台本は白紙で、それぞれが台本のないドラマ=ドキュメンタリーを演じる。告白し、両思いになったカップルだけが最後のキスシーンに出演できるのだ。ただし、告白できるのは女子メンバーのみ。

 最初ははっしーに思いを寄せるも、一緒に日々を過ごしていく中でりゅうたろうへ思いが傾いたこめちゃん。こめちゃんは、「もう一回、一緒にお芝居やろうって言ってくれたことが本当に心のそこから嬉しかった。りゅうくんのことがすごく好きだし、りゅうくんの一番になりたいと思ってます」とりゅうたろうへ告白。

 一方、りゅうたろうとファーストキスを交わしたことで本気の恋を知ったうみちゃん。うみちゃんは、「今まで感じたことない気持ちを味わせてくれて、恋を教えてくれて、すごく感謝してます。優しいところとか、たまにまぬけなところとか、全部好きです」とりゅうたろうへ告白。

 2人から思いを伝えられたりゅうたろうは、一人一人に真摯に向き合い、「ごめんなさい。今は恋愛対象として見られない」ときっぱり。

 こめちゃんは、「悲しいですけど、ある意味、未練がないというか」とコメント。うみちゃんも、「良い初恋でした。どの瞬間もすごい素敵だなって思って見てたから。良い思い出がいっぱいです」とりゅうたろうとの思い出を振り返った。そして、こめちゃんに想いを寄せていたあがたは「どうやったら振り向かせられるんだろうと考えた恋でした」と振り返った。

 2人の女子メンバーが前を向けるようにしっかりと断り、思いを伝えたりゅうたろうには、スタジオメンバーも「りゅうたろうのことをかっこいいと思った」「断り方素敵でした」と高評価だった。


(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】恋愛ドラマな恋がしたい

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000