オールイン連発のプロ雀士対決は、プロポーカープレイヤーでもある小倉孝の貫禄勝ち

 番組ホストのGACKTが送り込んだ刺客は、まさかの顔見知りであった。AbemaTV「GACKTプロデュース!POKER×POKER~業界タイマントーナメント」7月20日放送回では、7月トーナメント大会優勝者の麻雀界代表・多井隆晴と、レッドズボン軍・コードネーム「阿修羅」が対決。その阿修羅の正体はプロ雀士の顔も持つ、日本人賞金ランキング2位のプロポーカープレイヤー・小倉孝であった。

 「まさか小倉孝さんが来るとは思わなかった。麻雀プロとしては後輩だけど、ポーカーはすごいと聞いている」。多井が驚きながらコメントすると、小倉は「多井さんは、麻雀はすごいけどポーカーでは軽くイケる」と余裕の表情。そんな小倉は第2ラウンドで、いきなり実力の違いを見せつけた。相手の様子をうかがいつつも徐々にチップを上乗せし、最終的には全額ベットのオールイン。「8」のスリーカードできっちり仕留めると、持ち点は16万点まで跳ね上がった。テキサスホールデムルールを採用した当ポーカーは、両者10万点スタート。多井は残り4万点まで減り、早くも窮地に立たされた。


 それでも、多井はそこから粘りを見せた。「勝ったと思ったんですけど、麻雀界最強と言われるだけあって、持ってますね」。やや上から目線ながらもプロポーカープレイヤーにこう言わしめたのはさすがであったが、やはり実力の違いは明白。小倉のオールイン連発におされ、第22ラウンドで力尽きた。


 試合後、多井は「知的ゲームで負けることはないと思っていたので、本当に悔しいです」と本音を吐露。小倉は「ちょっとカタすぎます。1対1のポーカーは特に攻めなければいけない。お互い手が入りにくいんで、攻めた者勝ちになる」と的確なアドバイスを送っていた。次回放送は8月3日。お笑い界代表・カンニング竹山とバラドル界代表・岡井千聖が8月トーナメント大会決勝進出を賭けて戦う。

(C)AbemaTV

▶【見逃し視聴】多井隆晴×小倉孝!プロ雀士がポーカーで激突!GACKT実況POKER×POKER


▶8/3(金)24:00~ カンニング竹山×岡井千聖!GACKT実況!POKER×POKER8月大会開幕!


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000