欅坂46『欅共和国』今年も大盛況で閉幕! MCでは11ヶ月ぶりの「てち」照れ笑い

 欅坂46が、20日〜22日に山梨・富士急ハイランド コニファーフォレストにてワンマンライブ『欅共和国2018』を開催した。



 昨年に引き続き同会場を舞台に行われた『欅共和国』。会場には3日間合わせておよそ4万5000人のファンが集まり、放水や泡の放出、花火など夏らしい演出と彼女たちのパフォーマンスを楽しんだ。また、平手友梨奈が欅坂46のワンマンライブに参加するのは、昨年開催された『全国アリーナ・ツアー2017』以来、およそ11ヶ月ぶりとなった。



 最終日のステージに登場した欅坂46は行進曲風のBGMにあわせ、50人のパフォーマーと共に集団行動ダンスパフォーマンスで観客を魅了。それから『OVERTURE』を経て、小林由依の「欅共和国、ぶち上がれ!」という掛け声からアッパーソング『危なっかしい計画』を披露すると早速客席の興奮は最高潮に。続いてデビュー曲『サイレントマジョリティー』、そして2ndシングル『世界には愛しかない』と、シングルの表題曲を惜しげもなく披露した。



 MCでは副キャプテンの守屋茜が、ライブ前に隣接する富士急ハイランドのお化け屋敷『戦慄迷宮』に遊びに行った事をファンに報告。この後、キャプテンの菅井友香が「尾関(梨香)が1番怖がってました」と暴露すると、尾関は「10回くらい腰抜かしたんだけど(笑)めちゃくちゃ、てち(平手の愛称)に『しっかりつかまって!』と言われた」と明かす。このやり取りに客席が大いに盛り上がる中、平手は「そんなに私のトーク入れてこないで(笑)」と発しながら、照れ笑いを浮かべていた。



 長濱ねるの「暑いけど盛り上がっていけるか!?」という煽りの後、菅井、守屋、渡辺梨加、渡邉理佐がひまわりを抱えながら『青空が違う』を披露。現在活動休業中の志田愛佳のポジションを空けたまま、4人でパフォーマンスを行なった。その後、尾関、小池美波、長濱が『バスルームトラベル』をキュートに歌唱。3人はトロッコで会場内を回りながら、ファンの声援に応えていた。それからメンバー全員で『僕たちの戦争』『制服と太陽』を連続で披露した後、上村莉菜、尾関、小池、長沢菜々香、米谷奈々未が『バレエと少年』を可愛らしくパフォーマンス。続く長濱は自転車でステージを右へ左へ移動しながらソロ曲『100年待てば』を披露。ステージの花道では、空中に風船を放っていた。



 『太陽は見上げる人を選ばない』では欅坂46に加え、”ひらがなけやき”こと、けやき坂46もステージに登場。けやき坂46の2期生が加入してからこの曲が披露されるのは、今回が初めて。曲の終盤で菅井、佐々木久美の両キャプテンが「欅共和国、最高!」と声を揃えると、客席は大歓声に包まれた。ここからライブは、けやき坂46のコーナーへ。MCで加藤史帆と渡邉美穂が夏らしく”怪談トーク”を繰り広げた後、1stアルバム『走り出す瞬間』のリード曲『期待していない自分』を熱演。佐々木久美が「ひらがな、あと2曲だぞ! もっと声出せ!」と絶叫してオーディエンスを煽った後は、『誰よりも高く跳べ!』『NO WAR in the future』を披露し、客席を大いに盛り上げた。



 そしてライブはここからラストスパートへ。欅坂46はダンスチューン『東京タワーはどこから見える?』、結んだ髪をほどいて振り乱したりと、独創的な表現でオーディエンスを魅了する『エキセントリック』、エレクトリックサウンドが印象的な『AM1:27』を連続で披露。続く、『語るなら未来を…』では、大型スクリーンに映し出された鋭い眼光を飛ばす平手の姿にファンは大歓声を送っていた。そして本編最後は『風に吹かれても』が届けられた。



 完全に日が落ち、アンコール1曲目に披露された『二人セゾン』では、真っ赤なペンライトが客席を彩り、続く『キミガイナイ』『もう森へ帰ろうか?』では緑色のペンライトの光で幻想的な雰囲気が会場を満たした。曲が終わると大型スクリーンにはステージにいないはずの平手の姿が映し出される。スローテンポの曲に合わせ踊る彼女の姿に観客が見入っていると、突然会場に何かが割れたような音がけたたましく鳴り響く。その音と同時に倒れ込む平手だったが、ステージに目を向けると赤色のMA-1を羽織った平手の姿が。それから彼女はメンバーと合流し、『ガラスを割れ!』を力強くパフォーマンスした。


撮影:上山陽介


 鳴り止まないダブルアンコールに応えて再び登場した欅坂46はサプライズで7thシングル表題曲『アンビバレント』を初披露した。ラップとアクロバティックな振り付けが印象的な同曲。平手はデビューシングル『サイレントマジョリティー』から7作連続でセンターを務める。また終演後には、昨年開催された『欅共和国2017』の模様が、映像化(DVD / Blu-ray)され、今秋発売される事が明らかになった。収録内容などの詳細は追ってアナウンスされる。


『欅共和国2018』セットリスト

M00 OVERTURE

M01 危なっかしい計画(欅坂46)

M02 サイレントマジョリティー(欅坂46)

M03 世界には愛しかない(欅坂46)

M04 青空が違う(菅井友香 / 守屋茜 / 渡辺梨加 / 渡邉理佐)

M05 バスルームトラベル(尾関梨香 / 小池美波 / 長濱ねる)

M06 僕たちの戦争(欅坂46)

M07 制服と太陽(欅坂46)

M08 バレエと少年(上村莉菜 / 尾関梨香 / 小池美波 / 長沢菜々香 / 米谷奈々未)

M09 100年待てば(長濱ねる)

M10 太陽は見上げる人を選ばない(欅坂46 / けやき坂46)

M11 期待していない自分(けやき坂46)

M12 誰よりも高く跳べ!(けやき坂46 1期生)

M13 NO WAR in the future(けやき坂46)

M14 東京タワーはどこから見える?(欅坂46)

M15 エキセントリック(欅坂46)

M16 AM1:27(欅坂46)

M17 語るなら未来を…(欅坂46)

M18 風に吹かれても(欅坂46)

EN1 二人セゾン(欅坂46)

EN2 キミガイナイ(欅坂46)

EN3 もう森へ帰ろうか?(欅坂46)

EN4 ガラスを割れ!(欅坂46)

WEN アンビバレント(欅坂46)


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000