朝乃山、元気に7勝目で1敗キープ 名古屋場所は高砂部屋の平幕が強い?過去に3人

<大相撲名古屋場所>◇中日◇15日◇ドルフィンズアリーナ

 前頭十三枚目・朝乃山(高砂)が前頭十一枚目・碧山(春日野)を寄り切りで破り、7勝目を挙げ、混沌とする優勝争いに向けて1敗をキープした。

 大きな碧山に対し四つ相撲になったものの、動きを止めずに攻めまくると、そのまま寄り切り勝ち。今場所の好調ぶりを示す取り口となった。AbemaTVの中継で解説していた元小結・旭道山は「立ち合いをもっと厳しくしたら化けますよ」と、さらなる飛躍に期待していた。


 なお、過去17回あった平幕優勝のうち、最多の5回が名古屋場所。さらにうち3人が朝乃山の所属する高砂部屋から出ている。“荒れる名古屋場所”が得意な高砂部屋が、今場所も台風の目となるか。


(C)AbemaTV

▶7/16(月)16:00~ 大相撲LIVE 名古屋場所 9日目 幕内前半


▶7/16(月)17:20~ 大相撲LIVE 名古屋場所 9日目 幕内後半


▶7/17(火)16:00~ 大相撲LIVE 名古屋場所 10日目 幕内前半


▶7/17(火)17:20~ 大相撲LIVE 名古屋場所 10日目 幕内後半


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000