貴景勝の“術中にハマった”豪栄道、突き落としで敗れて優勝戦線から脱落の3敗目

<大相撲名古屋場所>◇七日目◇14日◇ドルフィンズアリーナ


 大関・豪栄道(境川)が前頭三枚目・貴景勝(貴乃花)に突き落としで敗れて3敗目を喫し、混戦となった名古屋場所の優勝争いから脱落した。一方、勝った貴景勝は4勝目を挙げた。


 立ち合いから突いては離れを繰り返した両者。一瞬、ピタッと動きを止めた貴景勝が再び突くと、少し出遅れたことで慌てた豪栄道は、少し前のめりになったところを見透かされて突き落とされた。


 AbemaTVで解説を務めていた元小結・旭道山は「豪栄道は相手の術中にハマりましたね。相手の動きを見るこの動きは、貴景勝の得意なパターンです」と話し、豪栄道に油断があったことを指摘した。


 七日目を終え、一人全勝を守ったのは関脇・御嶽海(出羽海)。1敗で前頭六枚目・遠藤(追手風)、同じく前頭六枚目・千代大龍(九重)などが追いかける展開となった。

(C)AbemaTV


▶19時~ AbemaTV大相撲ダイジェスト

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000