御嶽海、全勝キープ 琴奨菊のがぶりに屈せず初の賜杯に向けて視界良好

<大相撲名古屋場所>◇七日目◇14日◇ドルフィンズアリーナ


 3人の横綱に続き、大関・栃ノ心(春日野)も七日目から休場するなど、荒れる大相撲名古屋場所で一人全勝を守っていた関脇・御嶽海(出羽海)が、前頭筆頭・琴奨菊(佐渡ヶ嶽)を寄り切りで下して全勝を死守。本命不在、生き残りレースと化した名古屋場所の主役に名乗りを上げた。


 立ち合いから組んだ両者。御嶽海は琴奨菊のがぶりをしっかりと受け止め、冷静に寄り切り7連勝とした。


 AbemaTVで解説を務めていた元小結・旭道山は「今場所の御嶽海はしっかりと脇を締め、前みつを確実に取りに行っている。これは相撲の基本であり、御嶽海の相撲でもあります。今日もしっかりと引き付けて前に出ましたね」と話した。

(C)AbemaTV


▶17時20分~ 大相撲LIVE 名古屋場所(幕内後半戦)7日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000