荒れる名古屋場所の賜杯は譲らない 遠藤、旭大星を下して1敗を死守

<大相撲名古屋場所>◇七日目◇14日◇ドルフィンズアリーナ


 前頭六枚目の遠藤(追手風)が、前頭八枚目・旭大星(友綱)を押し出しで下して1敗を死守。六日目を終えて全勝の関脇・御嶽海(出羽海)をぴったりと追走する6勝目を挙げた。


 立ち合い頭から当たった遠藤は終始、旭大星の様子を見ながら距離を取った。土俵際で右に変化した旭大星にあわやと思われたが、動じることなく押し出した。


 AbemaTVで解説を務めていた元小結・旭道山は「遠藤は今場所、腰が低く安定している。そして今日は良く(相手を)見ていましたね。一方の旭大星は、下がる一方でしたね。いずれにしても遠藤の実力勝ちです」と話した。

 

 3人の横綱に続き、大関・栃ノ心(春日野)も七日目から休場するなど、本命不在の名古屋場所。実力者・遠藤が混戦を制して賜杯を手にすべく、着実に白星を一つ、積み重ねた。

(C)AbemaTV


▶17時20分~ 大相撲LIVE 名古屋場所(幕内後半戦)7日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000