高畑充希、67万円“ヴィトンコーデ”披露 母娘ツーショット写真に反響も

 女優の高畑充希(26)が13日、大阪市内で行われたルイ・ヴィトン「Time Capsule」展のオープニングセレモニーに出席した。


 ルイ・ヴィトン「Time Capsule」展では、1854年に旅行鞄専門店としてフランスで登場したルイ・ヴィトンの貴重な製品やオブジェ、およそ130点が展示される。高畑は、印象に残った展示について「一番インパクトがあったのは、板垣退助さんが持っていたトランク。ITAGAKIって入っていて、その印象が入ってきて。とても面白い展示だなと思いました」と話した。

 この日、ドレスとブーツを合わせて67万円というヴィトンコーデで登場した高畑。展示会のタイトル「タイムカプセル」にちなみ、残したい思い出を聞かれると「過ぎたことを忘れてしまう性格で……」と、思わず本音を明かした。高畑が「どんどん更新して、リセットして、新しくなっていきたいなと思います」と続けると、司会の女性からは「ルイ・ヴィトンとの思い出は大切に……」というツッコミが。それを受け、高畑は「それは大切に」と笑顔でうなずいていた。

 さらに、高畑はイベント終了後にInstagramを更新し、母親とのツーショット写真を公開。画像が加工されていてはっきりと顔が分からないものの、「お母さんそっくり!」「めっちゃ似ている!」「素敵ですねー!」など、続々と反響が寄せられている。

(AbemaTV/『AbemaNews』より)


【動画】モデルmireiの変顔がスゴすぎる!“盛れるアングル”も伝授

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000