“役者不在”の館内を沸かせた小兵力士・石浦 体重192kgの碧山を手玉に取る引き落としで4勝目

<大相撲名古屋場所>◇七日目◇14日◇ドルフィンズアリーナ


 七日目にして大関・栃ノ心(春日野)までもが休場で姿を消し、“役者不在”が否めない大相撲名古屋場所。その館内を、一人の小さな力士が大いに沸かした。


 前頭十五枚目・石浦(宮城野)が、前頭十一枚目で身長191cm、体重192kgの巨漢力士・碧山(春日野)を立ち合いからの鋭い引き落としで土俵に這わした。


 AbemaTVで解説を務めていた元小結・旭道山は「戦略、戦術ですよね。そればかりだと効果はないが、当たるだけが能じゃない」と話し、体格差を考慮した石浦の作戦勝ちであったことを強調した。


 なお館内には、石浦の引き落としが決まった瞬間、この日一番の大歓声が沸き起こった。

(C)AbemaTV


▶17時20分~ 大相撲LIVE 名古屋場所(幕内後半戦)7日目

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000