ベビレ林がハイテンションで超難曲に挑戦「たぎるってめっちゃ気持ちよくないですか?」

 7月10日放送の映像配信プラットフォーム「FRESH LIVE」の音楽バラエティ「林愛夏のうにょうにょルーム」で、アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANの林愛夏が妙に“たぎって”いた。

 林愛夏が歌手としてさらなる高みを目指す同番組。今回歌うテーマは「何かにたぎりたい時に聴く勝負曲」だった。林は、この“たぎる”という言葉がいたくお気に入りのようで、「リピートアフターミー、たぎる!」と観覧客に「たぎる!」を言わせると、「めっちゃ気持ちよくないですか? 何回でも言えるんだよね!」「みんなとたぎりたい! このスタジオ観覧でたぎりたい! ガラスを越えて(スタジオの外で見学している)みんなと一緒にたぎりたい! 配信の先の日本にいる、世界にいるみんなとたぎりたい!」とまるで演説のように立ち上がるなど番組冒頭から妙なテンションを見せていた。


 そんなハイテンションの林が挑戦したのは、DREAMS COME TRUEの「決戦は金曜日」、ただでさえ難しい曲が多いドリカムの中でも超難曲だ。同番組が火曜日に放送されていることから林は、歌詞の金曜日の部分を火曜日に変えて挑戦。歌う前に見せていた少しの不安を、たぎることで吹き飛ばして熱唱した。そして2曲目に挑戦したのは、人気アニメ「進撃の巨人」の主題歌にもなったLinked Horizonの「紅蓮の弓矢」。こちらも作・編曲家でピアノを演奏する杉田未央が「怖すぎる、これ恐怖」と恐れるほどの難曲だ。しかし、この日の林はひと味違った。たぎりまくっているそのテンションを演奏に持ち込み、最後まで叫ぶように歌い切って観覧に来ていたファンを盛り上げていた。


 これに視聴者からは、「今日のまなっちゃんなんかすげぇ!」「たぎるってこういうことを言うのか」「今年の夏フェスは楽しみだ」といった声が寄せられた。番組の趣旨通り、林が成長を見せつける回となった。

(C)林愛夏 公式チャンネル ※画像はFRESH LIVEから

▶林愛夏 公式チャンネル


▶ラストアイドル in AbemaTV


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000