「遺骨のパウダー化と散骨に国の支援を」 松本元死刑囚の四女代理人が要請

 6日に死刑が執行されたオウム真理教のかつての教祖・麻原彰晃こと松本智津夫元死刑囚(63)が、自らの遺体の引き取り先に四女を指名したとされることについて、四女は「受け入れることにした」というコメントを発表。四女の代理人を務める滝本太郎弁護士と武井共夫弁護士が11日、会見を開いた。


 オウム心理教に関わる残る6人の死刑囚の死刑執行について、武井弁護士は「社会的な事象としてのオウム心理教、カルト問題としての調査や総括がまだ行われていない。死刑執行で終わりというわけにはいかないし、現在の問題として死刑を執行すべきではない」と言及。国への協力を求めた。

 また滝本弁護士は、松本元死刑囚の遺骨は東京拘置所で保管されている状況だと説明したうえで、「国相手に要請いたします。助けてください。松本元死刑囚の遺骨をパウダー化及び太平洋の不特定の地点から、船から散骨するについて、費用負担と業務をぜひお願いしたい。国として支援をお願いしたい」と要請。理由については、「麻原彰晃の骨は、信者にとっては仏舎利であり、お釈迦様の骨。これが誰のところに行くかということは大変な問題になる。オウムには無くなってくれと言っている四女及び代理人がそれ(遺骨)を取得するとなると、そこから先進めようがない」と説明した。

(AbamaTV/『AbemaNews』より)


松本元死刑囚の四女代理人・滝本太郎弁護士の会見を放送中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000