『虹色デイズ』佐野玲於、滝藤賢一にキレられるシーンがお気に入り「こういう先生いたわ!」

 たった一度の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の“友情”と“恋”がギュッと詰まった、胸がときめく青春映画『虹色デイズ』が7月6日(金)に公開される。原作は、少女コミックながら<主人公が男子高校生>という斬新な設定が人気を呼んだ同名コミック。


 主人公となる男子高校生たちを演じるのは、今最も人気と勢いのある旬な若手俳優。“なっちゃん”を佐野玲於、“まっつん”を中川大志、“つよぽん”を高杉真宙、“恵ちゃん”を横浜流星が務め、息の合った男子同士の演技を見せる。


 今回、カルテット主演となった4人にインタビュー。ピュアで元気な愛されキャラ、4人の中でも物語の中心となる、“なっちゃん”を演じた佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)に、初主演の心境や共演者の印象、本作の見どころなどを聞いた。


“主演”に最初は無理だと思った「俺に務まるかなぁ」

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社


――今回、4人が主演ですが、特に「なっちゃん」は物語のメインになるキャラですね。佐野さん自身、初主演映画になりますが、オファーをもらったときのお気持ちを聞かせてください。


佐野:「今度この作品をやりますよ」と渡された資料を見たら、主演だったのでビックリしました。最初は、無理だなと思いました(笑)。いろいろ資料を読んで、「俺に務まるかなぁ」とかいろいろ考えていて。でも、「脚本・監督は飯塚健さんです」と言われた時に、僕はドラマで一度大変お世話になっていて飯塚さんが大好きなので、飯塚さんの作品にまた出られる、となったことが楽しみでしかなくなって、二つ返事で「はい」と受けさせていただきました。


――主演の他3人のキャストを聞いたときの気持ちは?


佐野:俺はいつも朝、情報番組を見て、時間があるときは『PON!』(日本テレビ)も見るんですけど、大志と真宙は『PON!』によく出てるな~、って思いました(笑)。大志は、「子どもイケメン」だな、と昔からずっと思っていて。たぶん、大志は15歳くらいからずっと同じ感じなんですよ。大志は若い時からずっといろいろなドラマに出ていて、大志が出ている作品を見た時に、「この子は23歳くらいだな」と思ったら15歳だった。その衝撃を覚えています。


――ずっと大人びていて落ち着いた雰囲気ということですか?


佐野:僕は今回まで直接話したことはなかったんです。でも、「この子はさぞモテるんだろうな」とずっと思っていました。


――男性から見てもモテるオーラがあったのですね(笑)。


佐野:だってもう、絵に描いたようなイケメンじゃないですか。他のメンバーもイケメンですけど、大志は「THEイケメン」。もう戦隊モノで言ったらレッド!


――醸し出すオーラなどもあるのかなと思いますが、何か中川さんの立ち居振る舞いでモテると感じたことはありますか?


佐野:大志は話してみるとかわいいなと思います。弟キャラだし。劇中の4人の中だと弟キャラじゃないけど、普段はめっちゃ弟みたいな感じで、すごくかわいいですね。


――他の2人はいかがですか?


佐野:真宙はもっと大人しいのかなと思ったら、話してみたら別にそうでもなかったんです。真宙にはインドアなイメージがあって、もっと喋らない子だと思っていたんですけど、普通によく喋る。流星も面白いですし、みんなすごく接しやすい子ですよ。

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社


――佐野さん自身は、4人の中でどんな感じですか?


佐野:普段はみんな同じ目線というか、フラットでみんなマイペースなんですよ。だからめっちゃ楽ですね。


――本当に昔からの友達のような?


佐野:そうです。究極の友達って、一緒にごはんを食べていても話さなくてもいいくらいのものだと思うんですよ。気を遣って話さないと気持ち悪い、みたいな関係もあると思うんですけど、それがない。目の前に黙っていられてもOKくらいの友達です。会って何をするか決めなくてもOKな友達というか。普通に家に呼んで、その辺でダラダラしていても大丈夫なくらいです。


4人のアイデアが反映 誕生日会シーンに注目

――今回、主演の他のみなさんは役者として先輩になると思いますが、見ていてすごいと感じた部分は?


佐野:いっぱいありますね。リハーサルのときからそうですけど、役を見つけるのが早いですし、どんどんいろんなことを試す。みんなはいろいろな知識もあるんですけど、僕は知識がないので、みんなを見て、こういう取り組み方もあるんだな、こういう考え方もあるんだな、といっぱい学べた部分、吸収できた部分がありました。


――みなさんから何かアドバイスはあったのですか?


佐野:アドバイスはないんですけど、みんなで作るシーンが多いので、監督と僕ら4人で、ここはこうやった方が面白くないですか?こう言った方が伝わりやすくないですか?とか、いろいろディスカッションしながら進めていった感じはありますね。


――すごくノリが良い映画になっていますよね。


佐野:そうですね、テンポが良くて。あとセリフも、日常で喋るような自然な会話になるよう意識しています。原作は漫画の世界だけど、それを映画として観られるようにした部分と、漫画の素敵さを表現した部分もあり、かけ合わせた化学反応みたいなものが今回の映画に出ているかな、と思います。


――みなさんの話し合いやアイデアが一番反映されたシーンはどこですか?


佐野:まり(まっつんが気になっている女子高生=恒松祐里)の誕生日を祝うシーンですね。あの場面は、どうやったらまりを喜ばせられるか、ってことだけをただ考えていたので。コールを作ったりしました。


――みんなの一体感が一番出ているシーンですよね。


佐野:あのシーンって、最初に喜ばせようと勢いよくやって、まりがビックリして、その反応を見て一瞬スッと「あれ?これ違ったかな?」って空気になるんですけど、「でもでもでもでも~!」みたいな再度盛り上げるノリってあるじゃないですか(笑)。巻き返すために何かするみたいな。そこは見どころかな、と思います。


――あのシーンのノリは、心が強いなと思いました(笑)。


佐野:僕ら社会人でも話していて、ちょっと癇に障っちゃったかな?みたいな、思っていた反応と違うことってあるじゃないですか。それを巻き返そうとするために、一瞬様子を伺って必死にまた何かやる感じ。それを表現しています。そういうところもみんなと話しながら作っていきました。


滝藤賢一にキレられるシーンがお気に入り「こういう先生いたわ!」

――この作品は、メインの視点が男の子側なので、男性も楽しめる作品になっていますよね。


佐野:基本はしゃいでいるけど、男の子って例えば恋愛とかしていても普段男同士でしか喋れないことっていっぱいあるじゃないですか。そういうのを今回、女性が垣間見れたりします。少女漫画というと、女の子が誰かを好きになって悩んで、という展開が多いと思うんですけど、「男って意外とこういう会話してるんだ」って部分が見られると思います。


――すごく大変だったシーンはありますか?


佐野:大変だったシーンはいっぱいありますね~。けっこうワンカットで撮る長回しのシーンがいっぱいありまして。縁日のところもワンカットでバーっといろんなところでいろんなことが行われているのを撮ったり、最初ドローンで僕が自転車に乗っているところを空撮で撮っていくところや、クライマックスのシーンとかもそうですね。リアルに見えるように撮っているシーンがいっぱいあるので、大変なシーンではあったんですけど、見ごたえはあると思います。


――好きなシーンや印象に残っているシーンは?


佐野:縁日、体育祭、文化祭とか、大きなイベントがあるシーンはもちろん自分の中で心に残っていますけど、あえてそういった重要なシーンじゃないところで好きなシーンをフォーカスすると、滝藤賢一さん演じる田淵先生に進路指導でめっちゃキレられるシーンがあるんですけど、あそこは超面白かったです。まじで怖かったですし、こういう先生いたわ!みたいな。学校に1人はいるブチギレる先生。でも、そういう先生がいるから、どこか心に「ちゃんとやんなきゃな」ってフィルターをはれるのが学生時代ってあると思うんですけど、まさにそんな先生で。田淵先生がマジギレして、3人が「やべえ!」って落ち込むシーンがあるんですけど、あそこは超好きですね。


――ああいう先生が実は一番生徒思いで優しかったりするんですよね。


佐野:そうなんですよ。だから、劇中でも田淵先生の優しさも感じられると思います。


――田淵先生のような先生に怒られた経験ってありますか?


佐野:あります。中学の頃、学校で一番厳しい、すごく怖いバスケ部のコーチの先生が担任で、よく怒られていました。まぁ、僕が悪いんですけど。男子でうるさくして怒られたり、勉強しろ!ちゃんとしろ!みたいな。もうくだらない学生のてんやわんやで怒られていました。


――最後に楽しみにされているファンの方にメッセージをお願いします。


佐野:この映画は女性だけじゃなくて、男性も、大人も、肩に力を入れずに観られる作品です。でも、いろいろな青春が詰まっていて、時に笑って、時に感動して、何か背中を押せるようなメッセージ性の深い映画になっていますので、ぜひ観ていただけたらなと思います。

写真:Mime Soga

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000