先勝するのは菅井竜也王位か、豊島将之八段か/将棋・王位戦七番勝負第1局

 将棋の王位戦七番勝負の第1局が7月5日、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で再開した。今回の七番勝負は、昨年初めてタイトルを獲得した菅井竜也王位(26)と、豊島将之八段(28)と、タイトル戦としては初の平成生まれ同士の対決だ。

 菅井王位は昨年、タイトル戦初挑戦で羽生善治竜王から王位を奪取。通算371局で265勝106敗、勝率.714と数少ない勝率7割超えを果たしている棋士の1人だ。豊島八段は、竜王戦1組、順位戦A級に所属するトップ棋士で、今回の対局が通算600局目。ここまで419勝180敗、勝率.699と高い勝率を誇っている。


 王位戦七番勝負の持ち時間は各8時間の2日制。AbemaTVではこの対局を終了まで生中継する。

(C)AbemaTV

▶7/5(木)8:30~ 第59期 王位戦 七番勝負 第一局 2日目 菅井竜也王位 対 豊島将之八段


▶7/6(金)9:30~ 第66期 王座戦挑戦者決定トーナメント 斎藤慎太郎七段 対 藤井聡太七段


▶7/8(日)20:00~ AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治 予選Bブロック-2


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000