“図書館長”田辺誠一が心温まる“本当にあったプロポーズ”エピソードを朗読

 “本当にあったプロポーズ”の言葉を紹介していくミニ番組『プロポーズ図書館』(テレビ朝日系、金曜深夜0:20~)。舞台となるのは、プロポーズのエピソードを綴った本だけが所蔵されている“世界一幸せな図書館”。館長・田辺誠一により、毎週、ロマンチックなエピソードが語られていく。


 紹介するのは、タレントやアスリートなど有名人夫妻から、一般カップルのプロポーズまでさまざま。現実とは思えないほどドラマチックなシチュエーションから、思いのこもった感動のプロポーズ、粋なサプライズなど、バラエティーに富んだ愛の言葉を公開する。著名人のエピソードは、本人の映像や写真で演出。一般カップルのエピソードは、朗読に合わせてミニチュアのジオラマ演出で表現される。


■館長・田辺誠一も「朗読しながら感動しました」と告白

 初回7月6日(金、深夜0:15~)の放送では、2016年11月に結婚した俳優・山崎樹範と女優・吉井怜夫妻の心温まるプロポーズエピソードを紹介。翌週13日(金)はタレント・菊地亜美の驚きと感動の結婚秘話が語られる。


 “館長”として登場し、朗読を担当する田辺は、「プロポーズは、人生をかけた一大イベント。プロポーズの言葉からそれぞれのカップルのドラマや思いが伝わってきて、初収録ではエピソードを読みながら感動してしまいました」と、愛のエピソードに胸を打たれたことを告白。


 また、「僕らのようにだいぶ昔に結婚した方々が見ても、忘れかけていた気持ちを思い起こさせてくれる番組。これからご結婚される方々や結婚に憧れる10代の方々には、“こういうプロポーズっていいな”“結婚って素敵だな”と感じていただけると思います。そんな皆さんに“素敵な影響”を発信できる番組にしたいですね」と、意気込みを語っている。


 これから毎週、どんな感動のドラマが語られていくのか。見終わった後、ほっこり幸せな気分に包まれる『プロポーズ図書館』をお楽しみに。


■田辺誠一コメント

 プロポーズは、人生をかけた一大イベント。そんな愛のエピソードを毎週、紹介していく番組ですので、なるべくふんわりと柔らかく、愛にあふれるような声やリズム、雰囲気を心がけて“読み聞かせ”をしていきたいなと思っています。プロポーズの言葉からそれぞれのカップルのドラマや思いが伝わってきて、初収録ではエピソードを朗読しながら感動してしまいました。


 (もし女性だったら、理想のプロポーズのシチュエーションは?)真心さえ伝われば、場所はどこでもいいですね。ガヤガヤした野球場や工事現場でも、逆に静かなレストランでも、真剣な気持ちさえ伝わればうれしいと思います。もちろん、サプライズも思い出に残りますよね! でもやはり十億人いれば十億とおりのプロポーズがあると思いますし、結ばれる2人にとって“ベストな瞬間”というものが、それぞれの人生に訪れるのだと思います。


 番組全体が幸せに包まれていますので、これからご結婚される方々や、結婚に憧れる10代の方々には、「こういうプロポーズっていいな」「結婚って素敵だな」と感じていただけると思います。金曜の深夜の放送なので、次の日がデートという方もいるでしょうし、週末に彼氏と一緒に番組を見るパターンもあるかもしれません。そんな皆さんに、“素敵な影響”を発信できる番組にしたいですね。


 また、僕らのようにだいぶ昔に結婚した方々が見ても、どこか忘れかけていた気持ちを思い起こさせてくれる番組だと思います。ご覧になった後、フワッとやさしい気持ちになって眠りについて、次の日からまたパートナーと共に頑張ろう、と思っていただければうれしいですね。


▶︎バカリズムが菊地亜美の熱愛を事前に察知した理由

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000