横浜流星、中川大志は“一番モテやすいタイプ”と分析「人懐こくて甘えん坊」「時々見せる男らしさ」

 たった一度の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の“友情”と“恋”がギュッと詰まった、胸がときめく青春映画『虹色デイズ』が7月6日(金)に公開される。原作は、少女コミックながら<主人公が男子高校生>という斬新な設定が人気を呼んだ同名コミック。


 主人公となる男子高校生たちを演じるのは、今最も人気と勢いのある旬な若手俳優。“なっちゃん”を佐野玲於、“まっつん”を中川大志、“つよぽん”を高杉真宙、“恵ちゃん”を横浜流星が務め、息の合った男子同士の演技を見せる。


 今回、カルテット主演となった4人にインタビュー。人当たりの良いモテ男だが実はドSな“恵ちゃん”を演じた横浜流星に、撮影現場での4人の関係性や印象的なシーンなどを聞いた。


「俺の恋はいつ始まるんだろう」と悩んだ

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社


――恵ちゃんは、友達が恋愛したりトキメキがあるなか、本当の恋の相手を探しているという役どころでした。演じてみていかがでしたか?


横浜:切ない気持ちにはなりましたね。最初の頃はすごくみんなで楽しくやっていたんですけど、シーンを追うごとにみんな恋をしていって、それを見守る立場ではあったんですけど、恵ちゃん自身もそこに悩み始めて。夏祭りのシーンとか、みんなそれぞれカップルの組み合わせができているじゃないですか。なのに、恵ちゃんだけ1人でいるところとか。そこが「俺の恋はいつ始まるんだろう」と、一番悩んでいるシーンでもあるんですけど、特に切なくなりましたね。ラストでもなっちゃんの背中を押して……。でも、あの形で友達の背中を押すってカッコイイですよね。


――すごくカッコイイです。


横浜:なっちゃんに言葉で説明してくれて最後の後押しをしたのはつよぽんですけど、なっちゃんが動き出すきっかけを与えたのは恵ちゃん。ちゃんとみんなの人柄を見ていて、とても仲間思いだからこそ、言えたセリフだったのかなって。それがすごくカッコイイなと思いました。


――まっつんが気になっている女子高生の“まり”(恒松祐里)を、全員で探しに行ったとき、恵ちゃんは最後に動きましたね。


横浜:そうなんです、あの場面はちょっとカットされていますけど、(飯塚健)監督と話して「めんどくせぇな~」と渋々行くって演出もついていたんですよ。だから渋々、まったく関係ないけど、まぁ行くか、みたいな。


――途中で、なっちゃんの恋の相手である杏奈(吉川愛)を助けるシーンもあったり、とても周りのことに気がつく人ですよね。


横浜:本当にこの後、幸せになってほしいなと思います。


中川大志と「大切にしたいね」と話したシーン

――テンポの良い掛け合いも多いですが、アドリブなどは入っているんですか?


横浜:ほとんど監督の演出です。リハーサルを撮影のけっこう前からやっていて、監督はリアルさを求める方なので、男子高校生のノリってこうだよね、というのをさらに深く深くみんなで追求していきました。演出としてみんなで考えながら出来上がっていったものです。


――「あ~、こういう男子高校生いるいる!」と思って観ていたのですが、横浜さんご自身も高校生の頃はああいったノリのやり取りをしていたのでしょうか?


横浜:していましたね!すごく共感できます。自分もしていたし、誰かが何か言うとそれに続いて「うぇーい!」みたいな、劇中でもまっつんが言ったことに乗っかる恵ちゃんのやり取りが、「すごいわかる」と思いました。実際に自分もそうでしたし、だからこそ男の子が観ても共感できると思うのと、女性たちが観ても「うちらの同級生にもこういうノリのやついるわ」って思ってもらえたら嬉しいですね。


――むしろ男の子の方が自分たちの学生時代を思い出して楽しめる映画なんじゃないかな、と思いました。男性目線で観たときの見どころは?


横浜:個人的にプールのシーンが好きなんですよね。セリフもそうですし、17歳の特権っていうか、17歳だからこそワチャワチャできるし、だからこそ、今青春時代を過ごしている方々には、今を大切にキラキラした青春の毎日を送ってほしいなってすごく思うんです。男性たちには、この4人の空気感を見て「自分もそうだわ」「うわ、このノリ俺もしてるわ」って、自分たちと重ねてくれたら嬉しいなと思います。


――そのほか、好きなシーンを教えてください。


横浜:屋上のシーンですかね。屋上のシーンって絶対何か次に物語が展開するような出来事が起こるというのもあるし、屋上って高校時代とか、今はもう立入禁止になっていて行けない学校も多いじゃないですか。そんな屋上で他愛のない話をしているのが単純に羨ましいというのもあります。屋上では物語が動くので、撮影中も屋上のシーンを撮るとなると、ちょっといつもより気合は入っていました。


――中川大志さんは印象的なシーンに、恵ちゃんと2人で話す夕日のシーンを挙げていました。


横浜:あのシーンもすごく好きです!画がめちゃくちゃキレイですし、あの2人だからこそ話せる本音というか。あとは恵ちゃんは周りをとても見ることができる人なので、まっつんの本音を鋭く刺す言葉を言う。「まっつんは自分じゃ気づけていないかもしれないけど、そうなんだよ」ってズバッと言える。でも、そんなことを言う恵ちゃん自身も悩んでいて、みたいな。2人のあのシーンは、(中川)大志と一緒に「大切にしたいね」と話していました。2人がけっこうノリが軽いじゃないですか。4人それぞれが関係性が違うけれど、まっつんと恵ちゃんは昔からの知り合いという共通認識でやっていました。2人っきりのシーンってあの場面くらいなので、だからこそ、ずっと一緒に昔からの友達なんだよ、という感じを出せたらいいなと思って。そして、実際にそれを出せたのかな、とも思っています。自分もあそこは映画全体でみてもすごく好きですね。

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社


4人の中で、現場ではボケのポジション?

――撮影現場の4人について、佐野さんは、喋らなくても違和感のない、気を許せる関係だとおっしゃっていました。


横浜:そうですね。4人で話すときは話したりするんですけど、各々が各々のことをしたり、基本的に全員マイペースなので、みんな好き勝手しているという感じでした(笑)。4人とは本当に同じような関係性になれたのかなと思います。普通に仲良い人って一緒にいても居心地がいいし、話さなくても一緒に居られるじゃないですか。そういう関係が自然に作れたのかなと思いますね。


――印象的な出来事は何かありましたか?


横浜:撮影の合間に4人で焼き肉に行ったんですよ。その時は撮影の時間とはまた違う、他愛のない話をして盛り上がって、すごく楽しかったです。


――劇中だと恵ちゃんは4人の中ではツッコミ役ですが、横浜さんは4人の中でどんなポジションになるんですか?


横浜:ボケですかね?うーん、わかんないです(笑)。でも、ツッコミはしないかもしれないです。


――そうなると、ツッコミ役は誰?


横浜:誰だろう……、真宙とか玲於くんかなぁ。大志はどちらもいけますね、ボケたがりでもあるし、ツッコミもするし。


――中川さんは現場ではどんなキャラクターなのですか?


横浜:大志は弟キャラ。なんかズルいなって思います。一番モテやすいタイプですね。一見、男らしくて大人っぽい顔立ちをしているのに、人懐こくて甘えん坊で。それで、時々見せる男らしさがあって、「これ、絶対女性にモテるタイプなんだろうな」って感じました。


――佐野さんもまったく同じことをおっしゃっていました(笑)。


横浜:ああ、言ってました!?大志は距離感というか、グッと人の懐に入るのが上手ですね。


共演者とはプライべートでも仲良し!

――共演者と、本当に仲が良いのが伝わってきます。以前、映画『honey』のインタビューで、平野紫耀さんと連絡先を交換したけれど失くしてしまったと言っていましたが、その後連絡は取れましたか?


横浜:舞台挨拶で連絡先はゲットしました!


――遊びに行ったりはしたのですか?


横浜:ごはんに誘ってくれているんですけど、ちょうど自分も仕事の時で、行けていないんですよ。でも、この間電話をしたときに、『花のち晴れ』の撮影現場だったみたいで「頑張れ~」って伝えました。そこには大志もいたので、「おお、流星!」って言ってくれて。


――高杉(真宙)さんと、平野(紫耀)さんと、ジャニーズWESTの小瀧望の同い年4人で遊びたいともおっしゃっていましたね。


横浜:まだ実現していなんですよ~。タイミングが合えばいいんですけどね。


――もし、実現したらどこに行きますか?


横浜:もし行くなら、僕はゆっくりしたいので温泉とか行きたいな。なんか4人で遊園地というよりは、自然を感じながら温泉(笑)。裸の付き合いじゃないですけど、そういうのがいいな。遊園地とかとはまた違って、いろんな話ができるだろうし、ゆっくり身体も休められると思うので。実現させたいですね~。

写真:Mime Soga

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000