香取慎吾、安倍首相が2ショットで自撮り「法被を着てハッピー」

 2日、香取慎吾が日仏友好160年の記念イベント『ジャポニスム2018 出陣祝賀会』に出席した。期間中の9月19日からパリのルーブル美術館シャルル5世ホールで美術展「NAKAMA des ARTS」が開催されることが決定している香取は「まさかパリで。一人でも多くの方に作品を見ていただきたい」とアピールした。

 「ジャポニスム2018」の広報大使も任されている香取。揃いの法被を着た安倍晋三首相とツーショット撮影に臨み、「SNSでたくさん拡散したい」と関係者に許可を取ると、安倍首相も「法被を着てハッピー」とダジャレも披露した。

 今月12日に開幕する『ジャポニスム2018』は最新のアート、アニメ、漫画に加え、さらには歌舞伎から現代演劇、初音ミクといった多様性に富んだコンテンツを準備。パリを中心とした100以上の会場において、約8か月間にわたり開催される。


▶稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の3人がSNSを本気で遊び倒す『7.2 新しい別の窓 #4』を配信中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000