高杉真宙インタビュー「間違いなくこの役だと思った!」リアルなオタクを演じた『虹色デイズ』

 たった一度の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の“友情”と“恋”がギュッと詰まった、胸がときめく青春映画『虹色デイズ』が7月6日(金)に公開される。原作は、少女コミックながら<主人公が男子高校生>という斬新な設定が人気を呼んだ同名コミック。


 主人公となる男子高校生たちを演じるのは、今最も人気と勢いのある旬な若手俳優。“なっちゃん”を佐野玲於、“まっつん”を中川大志、“つよぽん”を高杉真宙、“恵ちゃん”を横浜流星が務め、息の合った男子同士の演技を見せる。


 今回、カルテット主演となった4人にインタビュー。オタクでマイペースで秀才なつよぽんを演じたのは、役柄と同じく漫画・アニメ好きの高杉真宙。映画について、今ハマっている漫画について話を聞いた。


オタクが共通点!でも似ているから演じやすいわけではない

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社


――本作は少女漫画が原作でアニメ化もしていますが、ご覧になったことはありますか?


高杉:漫画を読ませていただいたのですが、男子のバカでかわいいなって思える部分がそのまま描かれていて。絵本を具現化した世界観というか、「THE青春」という感じが素敵な作品だなと思いました。


――オタクでマイペースな秀才である、“つよぽん”に起用された時の率直な感想はいかがですか?


高杉:この映画への出演が決まった時に、間違いなくつよぽん役だろうなと思っていました(笑)。僕も漫画やアニメが好きなので、つよぽんしかいないだろうと。つよぽんが観ているアニメを自分も観ていたりしたので。


――例えばどんな作品ですか?


高杉:いくつ出てきたか覚えていないのですが、印象的なのは『ゆるゆり』とか。あれも『虹色デイズ』と一緒で日常系で、ちょっと変わっていますけど、面白いです。


――そういったオタクの部分が共通していると、演じやすいのでしょうか?


高杉:この役に限らずなのですが、自分と似ている部分があったとしても、役というのはやっぱり別物なんですね。自分をどれだけ見せないか、を大切にしているので「似ている部分を演技に使おう」とは思わないんです。似ている、似ていない関係なく、役に対してはゼロから向き合っています。

――飯塚健監督からはどんな要望がありましたか?


高杉:先ほど『虹色デイズ』について「絵本を具現化したみたい」と表現させていただいたのですが、キレイでキラキラした作品だなって。飯塚監督はもっと人間らしくリアルに見せたいと思っていたようで、そういった演出をされていました。監督は撮影中に現場で意見を言って、「こうしてみよう」とかトライする方だったので、その場での適応力を求められていたと思います。


――演じる上で一番難しかった点を教えてください。


高杉: 4人が一緒のシーンがこの映画の一番のポイントだと思うのですが、4人のノリのバランスというか、「つよぽんってどこまでノッていくんだろうな?」って考えました。漫画を実写映画化した時に、どこまで原作のキャラクターに寄せるのかって、僕はいつも考えてしまうんです。自分が漫画が好きだからこそ、自分なりの解釈で演じていいのか、求められているならもっと原作に寄せていったほうがいいのか、とか。


4人に共通しているのは、マイペースなところ!?

――撮影は去年の10月、11月とのことですが、この4人が集まれたのが奇跡というか。どんどんご活躍されて、もう二度と揃わないかもしれない豪華なメンバーだと思いました。


高杉:僕は呼ばれたらどこでも駆けつけますよ!(笑)


――共演された皆さんの印象をそれぞれ教えていただけますか?


高杉:玲於君とは初共演だったのですが、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」で活動されているので、パワフルなイメージがあって、でも実際に会ったら静かでマイペースな方でちょっと意外でした。あっ、でもそれでいうと、この4人は皆マイペースだと思います。マイペース同士で波長があって、うるさくハチャメチャにならなくて良かったなって(笑)。流星とは舞台での共演はありましたが映像では初めてで楽しかったです。大志は、共演回数が最多なのですが、大人っぽく見えて、かわいらしい部分があるんですよ。そこがうらやましいなっていつも思います。


――高杉さんと中川さんが一緒にいると、高杉さんがお兄さんっていう感じですか?


高杉:う~ん、そこまで言っていいか分からないのですが、僕もしっかりしていないので(笑)。でも大志は弟気質かなとは思います。


仲の良い友達とファミレスでずーっと喋っている高校生でした

――カッコよくて爽やかな4人が話したり、はしゃいだりしているだけで、すごく癒されました。


高杉:男子高校生4人の日常を描いているので、これを女性が観て楽しいのかな?と思う時もあったんですけど、実際に自分が映画を観た時に、友達の行動を盗み見ている感じがしてすごく楽しかったので、きっと皆さんもそういう楽しみ方をしてくれるのかなと思います。男子って、完全に男子同士でいる時と、そこに女性がいる時で態度とかノリが違ったりするので、そういう所が面白いんじゃないかなと。


――高杉さんご自身の高校時代はこの4人のように、大の仲良しがいたのでしょうか?


高杉:仲の良い友達が3人いて、ずっと一緒にいました。今も仲良いです。でも、この映画のようなキラキラした青春じゃなかったですね、ずーっとファミレスで喋ってたりだとか。今もあんまり変わらないんですが(笑)。でも、同じファミレスで喋るとしても、今よりも高校生の頃のほうが青春な感じがするのが不思議です。


――今高校生時代に戻れるなら、やってみたいことは?


高杉:それが、自分でもびっくりするくらい、学生時代に未練がなくて(笑)。今がすごく楽しくて充実しているので。でも強いていえば、部活に入っていなかったので、何かをやっていればもっと青春を感じられたのかな、と思います。


――最後に、つよぽんと同じく漫画好きの高杉さんということで、最近読んで面白かった作品を教えていただけますでしょうか!


高杉:『ランウェイで笑って』という作品が今好きで、ファッションデザイナーを目指す男の子と、背が低いけどモデルを目指す女の子のストーリーですごく面白いです。あと、『フリージア』という漫画を昨日読んで、少し前の作品ですがハマったので、はやく続きが読みたいです(笑)。

ストーリー

 なっちゃん(佐野玲於)&まっつん(中川大志)&つよぽん(高杉真宙)&恵ちゃん(横浜流星)は、性格も趣味もちがうけど、いつも一緒な仲良し男子高校生。学校でも放課後でも、みんなで楽しい毎日を過ごしていた。ある日、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛)に片想い!連絡先も交換できないなっちゃんを冷やかしながらも応援する仲間たち。そんな彼らにも変化があらわれ…。


 まっつんは杏奈の親友で男嫌いのまり(恒松祐里)に惹かれ始め、つよぽんは恋人のゆきりん(堀田真由)と離れての進学に思い悩む。そして、みんなに刺激された恵ちゃんのハートにも火がついて…?!悩みながらもお互いを励まし、本当に大切なものを見つけようと奮闘する4人。春夏秋冬が過ぎ、彼らにも、卒業という終わりの時間が近づいてくる。そして迎える最後の文化祭…それぞれの想いを胸に、彼らが選ぶ未来とは――?


写真:Mime Soga

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000