中川大志インタビュー 『虹色デイズ』4人で“命の湯”に全身浸かって食事

 たった一度の青春を駆け抜ける、ちょっとおバカでお騒がせな男子高校生4人の“友情”と“恋”がギュッと詰まった、胸がときめく青春映画『虹色デイズ』が7月6日(金)に公開される。原作は、少女コミックながら<主人公が男子高校生>という斬新な設定が人気を呼んだ同名コミック。


 主人公となる男子高校生たちを演じるのは、今最も人気と勢いのある旬な若手俳優。“なっちゃん”を佐野玲於、“まっつん”を中川大志、“つよぽん”を高杉真宙、“恵ちゃん”を横浜流星が務め、息の合った男子同士の演技を見せる。


 今回、カルテット主演となった4人にインタビュー。チャラくて女好きなモテ男“まっつん”を演じた中川大志に見どころや撮影現場の裏話を聞いた。


男子にしか出せない空気感

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社


――今回演じられた「まっつん」はとてもチャラいキャラで、最近の中川さんにしてはあまり多くない役なので少し衝撃を受けました(笑)。


中川:確かに、チャラい役はあまりないですね。テンションを一気に上げないといけないところもあったので若干大変だったんですけど、でもみんなと一緒にいると自然と男子のノリが生まれて、すんなりできました。男4人が集まったら、もう自然とああいった雰囲気が生まれるというか。それはすごく楽しかったし、やっていて面白かったですね。


――本作では、テンポの良い掛け合いが多いですよね。特に「まり」にサプライズを仕掛ける場面の盛り上げ方はすごかったです。観ていて、みんなで合わせるのが難しそうだなと思ったのですが……。


中川:あのシーンはめちゃくちゃ練習していますね。リハーサルを何回も重ねて、あのノリを生み出すところから作っていて。そのリハーサルの時に、ちょっとホストっぽいノリで「コールみたいなものをやりたいよね」って話をして、けっこういろいろ考えて生み出しました(笑)。


――みなさんで意見を出されて?


中川:そうですね。練習していくなかで、こうしよう、ああしようと言い合って作りました。


――一番印象に残っているシーンは?


中川:歩道橋で恵ちゃんと2人で話す夕日のシーンがすごく印象に残っています。本当にピンポイントのタイミングでしか撮れないような夕日で、あの時間帯しか狙えなくて。


――とてもキレイな画でした。


中川:そこに恵ちゃんと2人というシチュエーション。この作品にはメインの男子が4人いますけど、みんなそれぞれ関係性が違うじゃないですか。4人がどういう風に出会って生きてきたのか、どういう時間を過ごしてきたのか。高校から一緒のやつがいれば中学から一緒のやつもいる。そんな中で、まっつんと恵ちゃんの関係性っていうのは、けっこう大事だよねって、リハの時に監督と話していて。たぶん、まっつんと恵ちゃんは昔からずっと一緒にいるんですよね。だから、その2人になったときの、この中で一番2人が一緒に過ごしている時間が長いのかな、という空気感を出すことを意識しました。

その前のシーンの勉強会ではみんな一緒にいるんですけど、その後2人だけになったときにしか話さない男同士の空気感は、こういった青春モノのテーマでもあると思うんです。友達関係の中では、一辺から見るものとは全然違う表情や関係性が、別の方向から見るとあって、いろんな面が見えてくる。そういうものを出したいなと思って、あの2人きりの空間は、けっこうやっていても「あるある!」って感じが出せたんじゃないかなと思っています。さらに映像もすごくキレイだったので、印象に残っていますね。

(c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社


――4人の雰囲気やノリが、その年代ならではのノリじゃないですか。その「あるある感」は男性の方が観て感じるものが詰まっているのかなと思いました。


中川:たぶん、男ってずっと変わらないと思います。高校生はああやってみんなの前でノリよくやりますけど、大人になっても、男が集まって男しかいない時間だと、やっぱりああいったノリになる気がします。


――先輩の役者さんとも、男性だけで集まるとああやってワイワイした感じになるのですか?


中川:そうですね。もう一生あんな感じだと思いますよ(笑)。まあ、一生って言うと大げさですけど、なんか男子にしかない空気感だと思います。


「命の湯」に浸かりながら、みんなでごはん

――撮影は昨年の10月末から11月の1ヶ月間だったそうですが、撮影現場での思い出は?


中川:夏のシーンはTシャツ1枚とかだったので、けっこう寒かったですね。


――プールのシーンもありましたものね。


中川:プールは寒かったですね。だから、プールサイドにお湯を溜めたプールを別に用意してもらって、命の湯みたいな感じで温まっていました。その中でみんなで温まりながらごはんを食べていました(笑)。


――足湯みたいな?


中川:いや、足湯だと寒いので、もう身体全部浸かる全湯です(笑)。温泉みたいな感じですね。


――現場で流行ったことはありますか?


中川:みんなでよくケータイで写真を撮っていましたね。オフショットを残してください、という指示があったので、みんなで写真や動画をよく撮り合っていましたね。


――では、それがどこかで観られるかもしれないんですね。


中川:そうだと思います。Twitterとかにも一部出ていますが、けっこう撮ったので!


学校に行っていたこと自体が青春!1日の楽しみはごはんだった

――青春真っ只中!みたいなキラキラした映画ですが、中川さんの青春の思い出は?


中川:やっぱり終わってみると全部青春だなと思いますけど、行事とか大きいことだけじゃなくて、学校に行っていた事自体が青春だなと思いますね。みんなでお昼に食堂に行ってごはんを食べるとか、売店にアイスを買いに行ったりとか、そういうことは高校の時すごく楽しかったなと思います。やっぱりごはんって1日の楽しみじゃないですか。


――よく学食で食べられていたんですか?


中川:はい、食堂か売店でした。食堂のメニューだと汁物が好きで、ラーメンやうどんが好きでしたね。でも早く行かないと人気のメニューは売り切れちゃうので、友達と授業が終わった瞬間に急いでバーっと走って買いに行っていました。


――映画やドラマにもたくさん出演されていますが、最近はコント番組(NHK『LIFE』)にも挑戦されていますよね。ドラマなどとの違いを感じる部分はありますか?


中川:撮り方が違うだけで、根本的には一緒だと思います。コントも映画も、演じている本人たちは別に笑わせようとしてやっているわけじゃないので。もちろん、作っている全体のものは面白くしたいですけど。でも、コントは楽しいですね! 一発で全部長回しで撮るので。その生の空気感と芸人さんたちが本番でしかやらないこともあったり、緊張感があって楽しいです。


――一発でというのは大きいと思うのですが、勉強になることは?


中川:間とかテンポ感とか、テンションとか、けっこう毎回勉強にはなりますね、その芸人さんの独特のテンポ感があるので。


――今年は『坂道のアポロン』で少しワイルドな役、『花のち晴れ』でエリートで優等生な生徒会長、『虹色デイズ』でチャラい役と、中川さんの異なる面がたくさん見られますが、今後挑戦したい役柄はなんですか?


中川:なんでもやりたいんですけど、それこそ学生役が多かったので、学生じゃない役もやりたいですね。学生じゃない役も少しずついただいていて、自分の年齢も学生じゃなくなってきているので、年齢的な意味でもできる役が変わってくるかな、と思っています。学生役をやれる内はいつまでもやりたいですけどね(笑)。さらに、新しく大人の役もやってみたいです。


――大人の中川さんも楽しみにしています!

Photography=Mime Soga

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000