DISH//の4人が“年上女性”との妄想で大盛り上がり「自分にないものを持っているのが良い」

 AbemaTV(アベマTV)のAbemaGOLDチャンネルにて特別番組『DISH//の恋するドラマディッシュ』が7月14日(土)夜10時より放送される。この番組は4人組ダンスロックバンド・DISH//が、7月11日にニューシングル「Starting Over」をリリースすることを記念したもの。


 番組では、視聴者から事前に募集した“DISH//に演じて欲しい妄想シチュエーション”をDISH//のメンバー自らが“シェフ“となり最高のドラマ(=一皿)になるように調理。ドラマを最高のメインディッシュ(=ドラマディッシュ)となるように仕上げ、数々のヒット番組を手がける放送作家・鈴木おさむ氏の演出のもと、ショートドラマ化する。


 今回、AbemaTIMESは、どんな作品でどんな役にするかなどを決める制作会議を終えたばかりのDISH//のメンバーたちにインタビュー。番組の見どころはもちろん、気になる彼らのプライベートな恋愛観まで聞いてきた。


会議を終えて「あらためてDISH//って妄想好きだな」

ーー収録お疲れ様です。まずは、今回の会議の感想を聞かせてください。


匠海:あらためて、DISH//って妄想好きだなって思いました。あんなに話が膨らんでいくとは自分たちも思っていなかったです。


柊生:すごく楽しかったね。ああいう内容って、DISH//で話すとめちゃくちゃ広がるんです。


大智:楽屋とかでも、ああいう妄想話で盛り上がったりしてます。


匠海:しかも、その自然な感じが電波を通して世にでるっていうのがまた不思議な感覚だよね。


ーードラマのストーリーを考えること自体も貴重な経験だったかと思うのですが、いかがでしたか?


柊生:脚本家さんや監督もいる中で、あれやりたい、これやりたいってわがままを言いたい放題言わせてもらって。それがリアルにその場で決まっていくというのが、面白かったです。僕らが言ったことがどこまで現実になるのか、それも楽しみです。


“年上女性”との妄想で大盛り上がり 大智「自分にないものを持っているのが良い」

ーー視聴者から募集した“妄想シチュエーション”の中で印象に残ったものはありましたか?


匠海:僕は、闘う女性が見たい。


昌暉:分かる!闘う女性ってかっこいいよね。


匠海:できれば制服で闘う女性。


ーーそれは制服がポイントなんですか?


匠海:舞台がどこかにもよります。病院が舞台だったら“看護師さんがめちゃくちゃ強い”とか。


大智:でも、制服って良いよね。20歳を過ぎて制服を着なくなってから、制服を着れるのが羨ましいなって思うようになってきた。


匠海:そう思えてきてしまった若干ハタチの自分が心苦しいね(笑)。


柊生:学校の制服だけじゃなく、レストランの制服とかも好き。


大智:バイトが終わったあとにプライベートの私服をみて、ちょっとギャップ萌えしたりね。


ーーやっぱり女性のギャップはキュンとするものなんですね。


柊生:しますね。すごく可愛らしい子がめちゃくちゃ力が強いとか、いいなって思います。


匠海:カンフーとかしちゃったり(笑)。


ーー“年上の女性”との妄想シチュエーションでも盛り上がっていましたね。


昌暉:年上の女性って魅力的だよね。


大智:自分にないものを持っているというのが良いよね。先を生きているわけですから。


匠海:逆に、年上の女性にはないものを自分が持っている背徳感もあるというか(笑)。


ーー皆さん、お若いのに収録では「年上OK」とおっしゃっていましたね。


昌暉:全然!むしろ魅力的です。


DISH//の4人が同じバイト先で働いたら?妄想シチュエーションに挑戦!

ーーみなさんで“同じバイト先で働いたら……”という妄想シチュエーションを考えてみてもらってもいいですか?


柊生:絶対に仲は良いよね。


昌暉:でも、全然違うタイプになりそう。


匠海:僕は、いかにサボるかを考える。仕事してる風で(笑)。


柊生:僕はオーナーといかに仲良くなるかを考える。「この日休ませてくださいよ~」「しょうがねぇなぁ」ってなれるくらいの関係になるのが目標。


匠海:大智は叱られてそうだよね。


大智:叱られるけど、僕も上司に好かれるのは得意なので。マイメンみたいな関係になります(笑)。


昌暉:4人だったら、うまく役割分担できそうだね。


匠海:人が全然こないファミレスがいいなぁ。


柊生:田舎のファミレスで4人で働いている様子をドラマにしても面白そうだね。「いっらっしゃいませ~」って(笑)。


ーーファミレスの物語も見てみたいです! 今日はありがとうございました!みなさんのドラマの完成、楽しみにしています。

テキスト:平石結衣

写真:mayuko yamaguchi

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000