ゲス極・川谷絵音、プライベートで“1人カラオケ”へ 意外な選曲に注目集まる

 バンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音が6月14日、プライベートで行なったという“ヒトカラ”の様子についてSNS上で報告。ネット上のファンからは、彼の意外な選曲内容に対して大きな注目が集まっている。

 これは同日、川谷が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼は、「ラジオ前にヒトカラ。隣がオペラ歌手の方みたいで練習してたけど、多分違う曲なんだけどずっとアベマリアを歌ってるように聞こえた僕はオペラ無知なんだなと。そしてこんなに壁が薄いわけだから俺の歌もあっちに聞こえていたわけだ。練習中に申し訳ない。。俺声でかいし。」と、ラジオ番組の前に、一人でカラオケを楽しんでいたことを報告。


 しかし、添えられたリクエスト機の画像からもわかるように、「#自分の曲は歌わない」という川谷が選んだのは、Mr.Childrenや宇多田ヒカル、RADWIMPSといった“自分以外”の人気アーティストによる楽曲ばかり。


 そのため、この投稿を見たネット上のファンからは「選曲に興味深々です」「ヒトカラとかするんですね!ほんでもって、声でかいんですね!笑」「えのたむの歌うクリープの曲の脳内再生余裕」「「隣で川谷絵音歌ってる!!」って、オペラ歌手のツイート探してみましょうか」「スガシカオさんみたく採点やってください笑」と、その意外なヒトカラぶりに関心を寄せる声が相次ぐこととなった。


 また、今回投稿されたのは静止画のみで、川谷の歌声を聴くことができなかったことから、ファンからは「絵音さんの飴玉の唄聞きたい!!」「歌ってるの聴きたいです!特にエルレとクリープ(ハート)」といったリクエストが続出。次回の“ヒトカラ”の際には、是非ともその歌声をSNS上でも披露して頂きたいところだ。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000