ロバート秋山、スーツ脱ぎ突然“水着姿”に トイレは「ちょっとずらせば…」

 水泳に親しみのある人物に贈られる「第19回 ベストスイマー2018表彰式」が、14日に都内で行われ、女優の仲里依紗(28)、俳優の金子貴俊(40)、ロバートの秋山竜次(39)が出席した。


 小学生時代からスイミングスクールに通い、現在4歳の長男もスクールに通っているという仲。夫で俳優の中尾明慶(29)が、2004年に放送されたドラマ『ウォーターボーイズ2』に出演していることから夫婦で受賞を喜んだという。仲は自身の受賞を中尾に伝えたといい「『なんで俺じゃないの?』って言っていました!」と明かし、笑いを誘った。


 憑依芸人として人気の秋山は、「クリエイターズ・ファイル」でシンクロナイズとスイミングのコーチ・染谷育枝を演じたことなどから受賞が決まったという。秋山は「水関連は嬉しいですね。もともと水が好きで、すぐ水辺に行くんです。とにかく海で泳ぐのも好きですし、水たまりでも飛び込んだりしますね。夏はプールが混み合っているときには、水たまりで応急処置をすることもあります。今は家に少し下に水をはっています。足だけでも浸かっておきたいので」と“水への愛”を語った。

 「水着はファッションの一部」と語るほど水泳好きだという秋山。おもむろにスーツを脱ぎ、驚きの水着姿を披露した。秋山は「僕は(水着は)男女関係なく、これで市民プールを泳いだりしているので」とコメント。「トイレはどうするんですか?」という質問に秋山は「ちょっとずらせばすぐに出る。何なら後ろも行けますから」と答え、笑いを誘った。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎ロバート秋山出演! ドラマ『やれたかも委員会』はAbemaビデオで配信中

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000