カンニング竹山、5歳児虐待死事件に沈痛「感情論だけでは解決しない」

 9日深夜、『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送された。

 竹山は、東京都目黒区で起きた5歳児の虐待死事件を取り上げ「たまらないよね、(5歳児が)ノートに『ゆるして』って書いたってさ」と表情を曇らせる。


 Twitterで「俺はもう親のことぶん殴りてえ」とツイートしたという竹山だが、「感情論だけではダメだと思うんですよ」と、親がどういう教育をされてきたのかなど分析して原因を特定しなければ、将来的に虐待の問題が解決しないと訴えた。


 また、児童相談所の対応にも非難が集まっているが、竹山は「児童相談所だけが悪い問題じゃないんですよ。人が足りないのもあるし、どこまで踏み入っていいのかもあるし」と、子育てに第三者が干渉することの難しさについて言及。


 「ズレた人が、(児童相談所に)苦情の電話したりとかなんかしてますけど、そういう声はズレてますからね? それやったことで何もならないですから」と、感情に任せた無意味な行動に釘を刺す。


 竹山は亡くなった児童の不幸を嘆きながらも、親に向けて「1番かわいそうな目に会ってるのは、お前たちが大事に育てた1歳の子どもだからな! バカタレが!!」と、残された1歳児の今後を思い怒りを爆発させていた。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000