7人目の新戦士は『ルパンレンジャー』で『パトレンジャー』? “謎の男”に元木聖也が挑む

 スーパー戦隊シリーズ42作目として現在、テレビ朝日系で放送中の『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』に、新キャラクター『ルパンエックス/パトレンエックス:高尾ノエル』が登場。7人目の戦士を演じる元木聖也が、6月24日(日、午前9:30~)放送の第20話から“謎の男”として華麗に現れる。


■新戦士は快盗であり、警察でもある!?

 「快盗」と「警察」をモチーフに、シリーズ史上初のW戦隊で展開されている『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』。主人公は、異世界犯罪者集団・ギャングラーに奪われた宝物“ルパンコレクション”を「快盗」として取り戻そうとする3人組のヒーロー『ルパンレンジャー』と、「警察」の戦力部隊としてギャングラーの殲滅のために戦う同じく3人組のヒーロー『パトレンジャー』。6人の若者たちは互いに互いが宿敵であることを認めつつ、ある時は対立し、ある時は共にギャングラーとの戦いに臨んできた。

 今回そんな6人の前に新たに現れるのは、ルパンレンジャーにもパトレンジャーにも変身できる戦士・高尾ノエル。ある時は銀色の快盗「ルパンエックス」に変身し、またある時はホワイトにゴールドのラインが入った特別仕様の制服に身を包んだ国際警察「パトレンエックス」に変身。何をするにもキザで身振り手振りも大きいノエルは、魁利(伊藤あさひ)らルパンレンジャーたちには「僕も快盗さ」と語り、圭一郎(結木滉星)らパトレンジャーたちには「僕は国際警察フランス本部の人間だ」と語る。


 “Xチェンジャー”を使って目の前で自在に両方の戦士に変身してみせるノエルに、魁利や圭一郎ら6人は大混乱。両方の立場からギャングラーと戦う姿に振り回されながらも、不思議な関係性の中で次第にそれぞれの絆を育んでいくことになる。


■新戦士を演じるのはアクロバットが魅力の元木聖也

 7人目の新たな主人公『ルパンエックス/パトレンエックス:高尾ノエル』を演じるのは、俳優の元木聖也。16歳の頃から壁や段差をまるで飛び跳ねているように移動する“パルクール”などのアクロバットを始めたといい、その腕を生かして2011年からのミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンに出演。瞬く間に話題になり、その後も数々の舞台に抜てき。16年にはライブ・スペクタクル『NARUTO -ナルト-』ワールドツアーで主演・うずまきナルトを、翌17年には超体感ステージ『キャプテン翼』でも主演・大空翼を熱演し、2.5次元ミュージカル界で不動の人気を誇る存在となっている。また、映画『麒麟の翼』(2012年)やNHKの子ども向け番組『おとうさんといっしょ』(2013年4月~2018年4月)など、映像分野などでも活躍中だ。


 同作でも元木のアクロバット技はいかんなく発揮。元木いわく「ただのバク転やバク宙だとつまらないので、いろいろな技を盛り込んでいます」とのこと。「皆さんが見たことのないような技を披露しているので、そこを見ていただけたらうれしいです」とアピールした。きらびやかなノエル衣装に身を包んだ元木は、一体どんな華麗な技を繰り出すのか?


<元木聖也 コメント>


――『ルパンエックス/パトレンエックス:高尾ノエル』を演じると知った感想は?


 スーパー戦隊シリーズは小さい頃から見ていました。親から聞いたところによると特に『激走戦隊カーレンジャー』が大好きで、オモチャでよく変身ごっこをして遊んでいたそうです。今回そんなスーパー戦隊シリーズに出演できる、しかも追加戦士という特別感のある役どころに出演できることが、とてもうれしいです! すでに走り出している作品に途中から乗せていただくことになるので最初は「どんな方がいて、どんな雰囲気の現場なんだろう」という不安もありましたが、いざ入ってみたら皆さん、すごくいい方ばかりで。キャストのみんなも本当に気さくに接してくれて、今ではもうすっかり仲良しです。


――高尾ノエルを演じる上で意識していることは?


 ノエルは大きなリアクションが特徴なので、一つひとつの身振り手振りをいかに大きくするか、という部分はいつも意識して演じています。単語使いも面白いんですよ。「サリュ~!」や「アデュー」などのフランスの単語がいっぱい出てきて、とにかくうるさい(笑)。「オーララ♪」というセリフもあったんですけど、そのシーンを撮った後はスタッフさんも含めた現場のみんながマネして「オーララ♪」と言っていましたね(笑)。


――変身後の『ルパンエックス』と『パトレンエックス』をご覧になっていかがですか?


 変身したルパンエックスとパトレンエックスは本当に格好良かったです! アフレコをしている中で普通に「カッコいい!」って言っちゃいました。皆さんにお披露目できるのが今からすごく楽しみです。


――今作でも元木さんのアクロバットは見られるでしょうか?


 変身前のノエルもアクロバットをさせていただきます。台本を読んだ際に『無駄に華麗なアクロバティック技を披露!』と書いてあったので、本当に無駄にたくさんやらせていただきました(笑)。ただのバク転やバク宙だとつまらないので、いろいろな技を盛り込んでいます。その現場にはパトレンジャーの3人(結木滉星、横山涼、奥山かずさ)と魁利(伊藤あさひ)がいたのですが、「見たい!」と言って見学してくれたんです。終わった後は「同じ人間じゃない」って言われました(笑)。それほど皆さんが見たことのないような技を披露しているので、ぜひ見ていただけたらうれしいです


――あらためて高尾ノエルの見どころを教えてください。


 ルパンレンジャー側とパトレンジャー側を行き来するノエルは最初とても謎の多い人物に見えると思いますが、実はいろいろなことを知っている上で「すべてをいい方向にしよう」と考えて動いている人。目線一つにもいろいろな意味を持っているので、そこを意識していきたいと考えています。特に温水洋一さん演じるコグレさんには「何か裏で企んでいるのかな」と感じるような顔を見せているので、注目していただきたいですね。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000