“年の差婚”益子直美&山本雅道、『イチから住』で富士河口湖町にガチ移住

 タレントや芸人、俳優が縁もゆかりもない地方に移住、その田舎暮らし体験に密着し、“人がそこに住む理由”を伝える、リアル・ドキュメント・バラエティー『イチから住~前略、移住しました~』(テレビ朝日系)。


 6月17日(日、午後6:30~)放送から、益子直美&山本雅道夫妻が移住に挑戦。世界遺産・富士山の麓、富士五湖を舞台に新たな暮らしをスタートする。番組で夫婦揃って移住するのは、まこと(シャ乱Q)&富永美樹(移住先:静岡県沼津市戸田)、泉浩&末永遥(移住先:青森県青森市)に続き、3組目となる。


 元バレーボール女子日本代表選手で、現在タレント、キャスターとして活躍する益子直美とプロロードレーサー・山本雅道が結婚したのは、2006年。当時、益子は40歳で山本は28歳、12歳の“年の差婚”が大きな話題となった。


 そんな2人が今回移住するのは、富士山の北側にある“富士河口湖町”。富士五湖のうち、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖の四湖を擁し、青木ヶ原樹海もある自然豊かな町だ。新宿から電車で1時間半ほどというアクセスのよさからも、移住地として人気を集めている。


■住まいに求めるのは利便性?眺望?自然?

 移住生活初日、まずは情報収集のため、富士河口湖町役場を訪ねた2人。町には“空き家バンク”や“田舎暮らし応援隊”が設置されていることを聞き、さっそく応援隊のメンバーに物件を紹介してもらうことに。


 国道にも出やすくスーパーやコンビニエンスストアが近くにある利便性が高い物件や、眺望抜群の一戸建て、緑に囲まれた一軒家などの住まいを見せてもらい、夫婦はこれからの生活に期待を膨らませながらも、住まい選びに頭を悩ませる。


 物件めぐりの合間には、地元名物“吉田うどん”を味わったりと、富士河口湖町の魅力も実感。はたして2人は、どんな住まいを選ぶのか?


■「生活が変わってきた“今”が、いちばんいいタイミング!」

 昨年、体調を崩して手術を受けたことをきっかけに、初めて死というものを意識したという益子。順調に回復した今、生活の変化を実感したそうで、「生活が変わってきた“今”が、いちばんいいタイミングじゃないかなと思った」と、今回の移住のきっかけを語る。


 また、神奈川・湘南で庭のある暮らしをはじめてから、「庭で野菜を作ったり、花を植えたりする作業が年々楽しくなってきて、もっと田舎で暮らしたいなという憧れに変わってきました」と、移住に憧れていたことも打ち明け、「“頑張ります”という言葉は使いません! 肩の力を抜いて富士山の恵みをカラダに取り込んで、ノーストレスで暮らせればいいな」と、富士河口湖町での暮らしを夫婦で思いきり楽しむ決意を語っている。


 夫・山本もまた、「元々田舎が好きなので、心から楽しめることを見つけていきたい!」と意気込みを抱いている。


 結婚12年――。益子直美&山本雅道夫妻が新たな絆を育んでいく移住生活に、注目が集まる。

・益子直美コメント

 昨年、病気をしてしばらく療養したのですが、生活が変わってきた“今”が、いちばんいいタイミングじゃないかなという思いが、今回の移住のきっかけになりました。


 結婚して一軒家に住んでいたのですが、小さい庭で野菜を作ったり、花を植えたり…という作業が年々楽しくなってきて、もうちょっと野菜を作ってみたいなという気持ちが増してきたので、田舎暮らしには憧れていました。主人も元々、DIYが好きなタイプ。イタリアで暮らしていたとき、少しずつ自分たちの手で修繕しながら家を作っていくことが、一軒家に暮らす醍醐味だと学んできたそうです。東京出身の私は最初、そういう暮らしは面倒くさいのではないかと思っていたのですが、湘南に暮らしはじめてから、もっと田舎で暮らしたいなという憧れに変わってきました。


 富士河口湖町は観光地という印象があったのですが、富士山と共に暮らしている地元の方たちの豊かさや余裕、温かさをすごく感じています。この町で、まずはカヌーやSUP(サップ=スタンドアップパドルボードの略)など、湖で楽しめるウォータースポーツに挑戦してみたい。あとは、今まで3日坊主だったウォーキングやジョギング、自転車など健康的な日課を続けてみたいですね。毎日、富士山を眺めながら歩いたり走ったりするのが、日課になればいいな。


 (移住生活への意気込みを聞かれて…)“頑張ります”という言葉は、使いません! 肩の力を抜いて富士山の恵みをカラダに取り込んで、ノーストレスで暮らせればいいな。最後は“もう帰りたくない”と思えるような、そして移住を希望する皆さんの参考になるような生活ができればいいですね。私たちの田舎暮らしを見て、皆さん、うらやましくなっちゃうかもしれませんよ(笑)。移住希望者の皆さん、ひと足お先に私たちが田舎暮らしを体験してみますので、お楽しみに…!


・山本雅道コメント

 僕は昔から“木”が好きだったので、木に関することに携わってみたいですね。なぜかというと、小学生のときに林業体験をして、それ以来、木の香りが大好きなんです。湘南の暮らしではそこまで木を身近に感じることがないので、ぜひこの富士河口湖町で木に関わることをやってみたいですね。


 移住生活は、頑張ったら続かないのではないかと思っています。元々、田舎や自然が大好きなので、この地で心から楽しめることをどんどん見つけていきたい! 好きなことでいっぱいな充実した生活を、夫婦で送っていこうと思います。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000