横浜DeNAエスコバー、鉄腕&剛腕156キロで仕事果たしベンチでニッコニコ 両リーグトップ30試合目登板

 横浜DeNAのエスコバー投手(26)が、両リーグトップの30試合目のマウンドに上がり、最速156キロの速球などで1回をピシャリと抑え今季2勝目。ベンチ内ではニッコニコの笑顔を見せた。

 開幕当初から勝ち試合、負け試合問わず連日登板しているエスコバーは、チーム53試合目となる6月9日の対日本ハム2回戦の7回に登板。チーム試合数の半数を超える30試合目の登板でも、古巣相手にパワー溢れる投げっぷりを見せると、2死から対戦した日本ハム大田にはこの日最速の156キロで空振り三振を奪い、ガッツポーズを見せた。


 自身も満足のいく内容だったのか、ベンチに戻ると通訳と談笑。マウンド上で見せる厳しい表情から一転、リラックスした顔でグラウンドを見つめていた。AbemaTVのコメント欄には、このギャップを楽しむファンも多く、また球速には「156キロとか強すぎ」など、連投に耐えるスタミナとパワーを兼ね備えた助っ人左腕をたたえていた。

(C)AbemaTV


▶【映像】横浜DeNAエスコバーが渾身の156キロ!両リーグトップの30試合登板


▶6/9 13:50~ 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs北海道日本ハムファイターズ


▶6/10 12:50~ 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズvs北海道日本ハムファイターズ


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000