菅井友香、"ニンジン30本分"のダイエットをして臨んだ写真集に「恥ずかしい」連発

 5日、欅坂46のキャプテン・菅井友香の1st写真集『フィアンセ』(講談社刊)の発売記念お渡し会が開催された。


 グループきっての"お嬢様キャラ"として知られる菅井がロケ地に選んだのは、憧れだったというフランス・パリ。初めてのソロ写真集とあって、不安や緊張の中、撮影に臨んだという。「ご飯は○時以降は食べないようにしようとか、体幹トレーニングをしました。(結果は)ニンジン30本分くらいダイエットできました」。

 しかしフランスに向かう空港では、さっそく菅井キャプテンらしいハプニングも。


 「最後の日本食と思ってお寿司を食べていたら、時間が無くなってしまって…。"菅井様!菅井様!"ってアナウンスが…。今までに無いくらい走りました。自分一人で生きていくのって大変だな。自立しないとな、もっとしっかりしないとなと思いました」。 

 ファンの間でも話題を呼んでいる、水着や大胆なランジェリーのショットにも挑戦した。「学校でもスクール水着が恥ずかしくてコソコソ泳いでいたし、メンバーに見せるのも恥ずかしいのに、まさかたくさんの方に見て頂く機会がくるなんて…。でも、本気でいいものを作ろうという皆さんの思いに精一杯応えないといけないなと思って、水着を選ばせていただいたり、気づいたら自分からポーズを提案していたり。フランスの雰囲気に開放的になっている自分がいました」。


 お気に入りの一枚は、「家具も素敵で、住みたいなと思いました」と、宿泊したホテルの前で撮影したページをチョイス。記者から「買収しようとは思わなかったですか」と問われると、「思わないです!(笑)」

 家族からの評価は「"背景がすごいね"って(笑)。父にはまだ見せていないんですけど、"写真集を出させてもらえることに感謝しなさい"って言われました」。


 そんな家族のグループLINEで複数の候補から選んだというタイトルについては、「新婚旅行している気分で」。記者から「相手はどんなフィアンセが良いですか?」と尋ねられると、「優しくて、安心感があって、受け入れてもらえる感じがして。あと、美味しそうにご飯を食べる人がいいです」。さらに「料理は得意なんですか?」と質問されると、「花嫁修業中です(笑)。ご飯を炊いたり、お味噌汁を作ったり。チャプチェも作れるようになりました(笑)」。

 欅坂メンバーからは、渡辺梨加、そして上半期写真集ランキング1位と大きな反響を呼んだ長濱ねるに続いて3冊目となる写真集。「初版10万部」という数字にも「出させていただけるだけで奇跡なので。みなさんに元気なってもらえる一冊になったら」と、最後まで謙虚な"菅井様"だった。


撮影:野原誠治


■菅井友香1st写真集『フィアンセ』より

(C)菅井友香1st写真集「フィアンセ」/撮影:LUCKMAN/講談社



続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000