GACKT、西城秀樹さんとの出会いを振り返る「背中の大きい兄貴でした」

 シンガーソングライターのGACKTが自身のInstagramを更新。63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんへの思いを綴っている。

ボクGACKTがMALICE MIZERのボーカル時代から目をかけて頂いた西城秀樹さんが亡くなりました。 初めてお会いした時のことは今でもハッキリと覚えています。ボクが座ってる席にやってきて「オマエ、いい声してるよな。歌も上手いしイケてるぞ!ずっと会いたかったんだよ、ガクト!」と笑顔ではあるものの凄まじいオーラでその場にいたミュージシャンを圧倒していた記憶が鮮明に残ってます。まだ当時、24だったボクには背中の大きい兄貴でした。 それからしばらくして、「一緒に歌いたいからオマエ、番組に出ろよ、なっ!」と声をかけて貰い、まだペーペーのボクが緊張しないようにステージでもリードしてくれました。同じ舞台に立った時には圧倒的な歌唱力と表現力を間近に、「こんな風に表現力がつけられるようになろう、、、」と思ったものです。 それから、ことあるたびに「元気にしてるか!」と心優しく気遣ってくれた秀樹さんがこんなにも早くに他界されたことは本当に残念としか言えません。 安らかに眠りにつかれることを心から祈ると共に、表現者としてもまだまだ秀樹さんには追いついてはいませんが、これからもしっかりと追いつきたいと思います。 ご冥福を心からお祈りします。 #西城秀樹 #安らかに #永遠のヒーロー #出会った頃からずっと

A post shared by GACKT (@gackt) on

 Instagramを更新したGACKTは、「ボクGACKTがMALICE MIZERのボーカル時代から目をかけて頂いた西城秀樹さんが亡くなりました」と冒頭で伝え、「初めてお会いした時のことは今でもハッキリと覚えています。ボクが座ってる席にやってきて『オマエ、いい声してるよな。歌も上手いしイケてるぞ!ずっと会いたかったんだよ、ガクト!』と笑顔ではあるものの凄まじいオーラでその場にいたミュージシャンを圧倒していた記憶が鮮明に残ってます。まだ当時、24だったボクには背中の大きい兄貴でした」と、西城さんとの出会いを振り返った。


 そして「安らかに眠りにつかれることを心から祈ると共に、表現者としてもまだまだ秀樹さんには追いついてはいませんが、これからもしっかりと追いつきたいと思います。ご冥福を心からお祈りします」と胸に募る想いを綴っている。


 またハッシュタグには、「#永遠のヒーロー #出会った頃からずっと」という言葉も添えられており、そんな投稿にファンからは、「もう一度、お二人で歌われているところ見たかったです。本当に残念です」「永遠のお兄さんですね」「GACKTさんの想い、どうか天国の秀樹さんに届きますように」など温かいコメントが寄せられている。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000