モバイル版「PUBG」配信開始から24時間で150万ダウンロード突破

 PUBG株式会社は、2018年5月16日(木)にリリースした『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ バトルグラウンズ)』(以下PUBG)のスマートフォン向けモバイル版のダウンロード数が、配信開始から24時間(5月16日AM5:00〜5月17日AM4:59)で150万ダウンロードを突破したことを18日に発表した。さらに、Google Play、App Storeの無料カテゴリランキングでダウンロード数1位(2018年5月18日10時時点

)を記録した。

 PUBGは、最大100人のプレイヤーが、マップ内にある装備などを駆使して “最後の一人”になるまで生き抜くバトルロイヤルゲーム。プレイヤーは段々狭くなる安全地帯内で、ランダムに配置されている武器や車両、装備アイテムを駆使して生存競争に臨む。戦いの末、最後の一人まで生き残ったプレイヤーの画面には「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」というメッセージが表示されるため、プレイヤーは「ドン勝」を目指して戦う。また、経験値に関係なく、ランダムに配置されているアイテムを得る上で「運」に作用される部分が大きいため、初心者も「ドン勝」することができるというのも魅力の一つだ。

 モバイル版は版は2018年3月以降、100ヶ国以上でダウンロード数ランキング1位を記録。さらに、日本での配信開始前に行われた事前登録キャンペーンでは、事前登録にもかかわらず130万登録数を突破していた。事前登録達成報酬として用意された、ゲーム内で使用できる「パラシュートスキン」や「Tシャツスキン」といった豪華特典は、5月29日(火)23:59までにアプリダウンロード&プレイで入手が可能。事前登録をした方は、ダウンロードをお忘れなく。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000