鶴竜、“苦し紛れ”のはたき込み不発で4日目に「土」!  松鳳山は「初日&金星」

<大相撲夏場所>◇四日目◇5月16日◇両国国技館


 連覇に向けて序盤の取りこぼしが許されない横綱・鶴竜だったが、前頭二枚目・松鳳山(二所ノ関)に押し倒しで敗れ、四日目にして土がついた。


 AbemaTVで解説を務めていた元前頭・大碇の甲山親方は立ち合い前、「当然力の差はあるが、松鳳山には土俵際の粘りがある。鶴竜も油断はできない」と解説。


 立ち合いは対照的だった。素早い松鳳山に対して、やや立ち遅れた感のある鶴竜はその後、松鳳山の勢いを止めることができない。最後は“苦肉の策”のはたき込みも不発に終わり、土俵に突っ伏す形で、押し倒しで敗れた。


 この取り組みに対して甲山親方は続けて、「鶴竜は立ち遅れましたね。逆に、松鳳山は攻め続けたことで、鶴竜の苦し紛れのはたき込みを上手く呼び込みました」と勝因を分析した。


 なお松鳳山は、この一番が「初日&金星」となり、二重の喜びとなった。


 AbemaTVでは、大相撲夏場所の模様を序ノ口から結びの一番まで、全取組を生中継している。

(C)AbemaTV

▶大相撲LIVE 夏場所


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000