勝野洋、妻・キャシー中島にセリフ増やされる「いつものお願い」

 俳優の勝野洋(68)、タレントのキャシー中島(66)夫妻ら勝野ファミリーが制作・出演する舞台『すなっく ラ・ボエーム』が15日に初日を迎えた。


 キャシーが原案、次女で女優の勝野雅奈恵(36)が脚本・演出を担当、長男・勝野洋輔(34)は衣装を手掛け、舞台上では勝野洋と親子役を演じている。


 そんな家族で制作した舞台は、1970年代半ば、南青山に実在したスナックを訪れる人々の人間模様を描いた作品だ。


 勝野洋は「家族で何かをやるって皆さんもやりにくいでしょ。でもそれを越えるとものすごく何か経験できないような快感というか、良い経験ができますよね」と話した。


 勝野ファミリーが手掛ける舞台は今回が3作目。キャシーは脚本を担当する雅奈恵にいつも同じお願いをしており「私がいつもお願いするのは『パパのセリフをいっぱいね』って。あとはもう大丈夫だけど」とコメント。キャシーの“いつものお願い”に対し、勝野洋は「やめてくれよ。大変なんですよ」と答えた。


 キャシーが「でもうまくいっているよね」と話すと、記者からの「(勝野洋さんは)無口で売るタイプじゃないですか?」という質問には「だからしゃべらせたいんですよ」とコメントした。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


▶︎放送済み『けやきヒルズ』の映像は期間限定で無料視聴が可能。

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000