ジャングルポケット・おたけ、水着姿のグラドルとのカラオケを満喫 床に寝てグラドルを下から“ガン見”

 5月12日(土)にAbemaTV(アベマTV)で生放送された『全日本女子パリピ選手権』に、”東京一下品“グラドル”といわれるグラビアアイドルの小林ひろみ率いる「崖っぷちグラドル軍団」が出場。セクシーな飲み会テクを披露し、お笑い芸人・ジャングルポケットのおたけを悩殺した。

 『全日本女子パリピ選手権』とは、日本一の女性コンパ集団を決めるトーナメント大会。男性と飲み会をして、より相手を楽しませたチームの勝利となる。審査は実行委員会が設けた競技コンパ公式ルールに則って行われ、審査委員による採点と視聴者投票を合計して得点が決まる。


 出場者は、あやまん監督率いる「あやまんJAPAN軍団」、ミラクルひかる率いる「モノマネ女芸人軍団」、元“48グループ”のメンバーからなる「元48パリピ神4軍団」などの全11軍団だ。

 「崖っぷちグラドル軍団」は、小林ひろみ、吉野七宝実、水月桃子、星優姫の4名が参加。彼女たちは現在仕事がほとんどなく、家賃にも困るほど生活が崖っぷちだという。AbemaTVの『ピーチゃんねる』で共演し、彼女たちをよく知る平成ノブシコブシの吉村崇は、小林を「東京で一番下品」、吉野を「美人の中で一番貧乏」と紹介した。


 第1試合の「小悪魔ageha代表整形美女軍団」との戦いで見事勝利したグラドル軍団。2試合目の相手は「新宿二丁目ニューハーフ軍団」で、イケメン若手芸人たちと6分間のカラオケコンパで対戦した。

 水着姿で登場したグラドルたちは、1曲目に「富士サファリパーク」のCMソングを替え歌で披露。胸を強調するダンスに、おたけはかぶりつくようにガン見する。


 そして2曲目には湘南乃風の「睡蓮花」をセレクトし、今度は男性陣が歌い出すと、なんとグラドル軍団は水着を脱ぎはじめた。水着の下にはもう一枚水着を着ていたが、なんともセクシーな様子に、おたけはすかさず床に寝そべり、下からグラドルたちを舐めるように見る。これには司会の田村淳が「何やってんだあいつ!」「すげぇ顔してるじゃねぇか」とツッコんだ。

 最後には脱いだ水着をタオル代わりに全員で振り回し、大盛り上がりで終了。セクシーさを全面に出した甲斐もあってか、試合の結果512点対582点でグラドル軍団が圧勝し、決勝に進出することが決まった。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000