“東京一下品”なグラドルの過激すぎる飲み会テクに田村淳、マイケル富岡が絶句「これCM来なくなる」

 5月12日(土)にAbemaTV(アベマTV)で生放送された『全日本女子パリピ選手権』に、”東京一下品“と言われているグラビアアイドルの小林ひろみ率いる「崖っぷちグラドル軍団」が出場。過激すぎるコンパテクを次々披露し、出演したお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳やタレントのマイケル富岡、JOYらが絶句する一幕があった。

 『全日本女子パリピ選手権』とは、日本一の女性コンパ集団を決めるトーナメント大会。さまざまなジャンルの男性と飲み会をして、いかに相手を楽しませられるかを競う。審査は実行委員会が指定した競技コンパ公式ルールに則って行われ、第一印象、自己紹介、乾杯、ミニゲームの4項目で採点される。


 出場者は、「あやまんJAPAN軍団」「ミラクルひかるモノマネ女芸人軍団」「元48パリピ神4軍団」「六本木1000人喰い軍団」などの、個性豊かなパリピ女子ら全11軍団。


 そして、現在ほとんど仕事がなく貧乏だという「崖っぷちグラドル軍団」として、小林ひろみ、吉野七宝実、水月桃子、星優姫の4名が参加。中でも注目は「男性の下半身のにおいを嗅ぐのが好き」と公言するリーダーの小林だ。彼女をよく知るお笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇からは、「東京一下品」と評されている。

 セクシーな水着姿と過激なコンパテクを武器に、第1試合・第2試合を勝ち進んできたグラドル軍団。決勝戦では、「サイバーエージェント女子軍団」「あやまんJAPAN」との三つ巴の戦いとなった。コンパ相手の男性陣には、本大会の審査員であるマイケル富岡、JOY、DJ社長の3名に加え、ホストの神風永遠が参加する。


 決勝戦も水着で登場したグラドル軍団。自己紹介と乾杯を終え、次はいよいよミニゲームだが、ここで小林が取り出したのはミルク入りの哺乳瓶だった。「女子が飲むので、男子はなんとなく持っていただいて……一番最後に飲み終わった人の負けです」と、ルール説明。男性陣が下半身付近で手に持った哺乳瓶を、グラドルたちが早飲み競争するという過激すぎるミニゲームだ。

 これには観戦していたスタジオから悲鳴があがり、本大会の司会者である田村も「うわぁ~すげーな~」と驚愕。マイケルも唖然とした表情を浮かべ「JOY、これさCM来ないよ」と仕事への影響を危惧した。

 このほかにも、生着替えチャレンジやDJ社長の下半身のにおいを嗅ぐなど、決勝戦らしい超体当たりテクを披露したグラドル軍団だったが、残念ながら優勝には至らず、あやまんJAPAN軍団がパリピの頂点に立った。


 悔しさに号泣する小林だが、田村が「おまえらあやまんJAPANに入ればいいじゃん」と勧めると、あやまん監督も「ぜひぜひ!」と大歓迎。優勝と賞金は得られなかったが、無事就職先は見つかったようだ。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000