元プロ野球・広澤克実氏、スピードガンを語る「甲子園と神宮は速く出る」

 明大野球部OBでプロ野球でも通算306本塁打と活躍した広澤克実氏(56)が、各球場に常設されている球速測定器スピードガンについて「甲子園と神宮は早く出る」と、自身の体験を語った。

 広澤氏は5月13日、AbemaTVの東京六大学野球 2018春季リーグ戦の中継に解説で登場。高校野球からプロ野球まで、今では当たり前になっているスピードガンによる球速表示について「スピードガンは電磁波を流して、帰ってくるスピードで球速をはかる。本当は投手の真後ろからはからないと、正確なものが出てこない」と説明した。その上で「キャッチャーや審判がいるから、少しずらすことになる。そのずらし方に違いがある」と、球場によるくせが出ると指摘した。


 経験上、学生野球によく使用される神宮球場、甲子園球場で速く出るといい、「甲子園は右ピッチャーが投げる(右バッターの)外の低めが一番速いと言われている」と、細かい部分まで紹介した。


 近代技術の発展により初速や終速、回転数なども計測されるようになってきたが、「精密機器を導入しているのに、はかる方がアバウトなのはもったいない」と、機器の設置も正確であってほしいと願っていた。

(C)AbemaTV

▶5/14 10:45~ 東京六大学野球 2018春季リーグ戦 第5週3日目(立大-明大)


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000