負けたら浴衣を脱ぐ!アルコ&ピース・平子vsグラドルが野球拳対決

 7日深夜に『妄想マンデー』(AbemaTV)が生放送された。今回は「いや〜ん旅行温泉」と題して、都市型温泉施設『万葉倶楽部』で、妄マンガールたちがさまざまなセクシー競技に挑戦した。


 「今夜復活! 妄マン名物野球拳」と題したコーナーでは、胸の谷間の“グー”、投げキッスの“チョキ”、お尻を突き出す“パー”という“グラビアじゃんけん”で、妄マンガールたちがアルコ&ピース・平子祐希と勝負。もちろん負けたら浴衣を脱ぐというルールだ。


 1人目の挑戦者・帆春(ほはる)は、あいこで粘ったが負けてしまい、平子に悪代官風の“帯回し”で浴衣を脱がされ水着姿を披露。続けて負けてしまった相良朱音は、自ら帯をほどくも、さらにエスカレートし「引っ張っていいよ」と水着のブラ紐をほどかせ、平子を「おおおおお!」と大興奮させる。


 最後に光部るるが挑戦したが、こちらも平子が勝利。すると光部は、脱衣パフォーマンス中にアルコ&ピース・酒井健太を呼び出して「けんちゃん、なに照れてんの?」「ちゅぱちゅぱ」と“赤ちゃんプレイ”風に酒井を挑発。


 すると何故か、妄マンガールたちによる「ちゅぱちゅぱ」コールに発展。全員が必死にアピールしたが、酒井は手にした千円札を“おひねり”として光部と帆春にだけ渡したため、さすがに平子が「あまりにもえこひいきが過ぎるよ!」とツッコミを入れていた。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000