スポーツマン&ゲーマー ケイン・コスギが語るeスポーツ「今まで見たことない動きを見ると感動する」

 アスリートばりの身体能力を持つことで有名な俳優のケイン・コスギが、ゲーム界でもブレイクしている。約2カ月前から始めた実況プレイの配信が大反響となり、AbemaTVのゲーム番組「賞金首」のレギュラー出演も決定した。世界的に話題となっているゲームを競技とする「eスポーツ」にも興味津々。プロゲーマーのプレイに「今まで見たことない動きを見ると感動する」と、インタビューを受けながら目を輝かせた。

 ケインと言えば、テレビ番組で芸能人はおろか現役アスリートにも引けを取らない身体能力とパフォーマンスが脚光を浴びた。大きなチャレンジを成功させた後の雄たけびも、当時の視聴者にとっては印象深いシーンだ。そんなケインだが、少年時代から数々のゲーム機でプレイしてきた、根っからのゲーマー。「もともとスポーツと同じくらいゲームが好きでした」と話し、現在は世界的に人気の「リーグ・オブ・レジェンド」に夢中だ。「始めてまだ1年ぐらい。30分、40分とずっと負けそうな試合で、ある時のチームファイトや出来事で逆転できるのがおもしろいです。とにかく今年はゴールド(ランク 全体の上位から約1/3)までには行きたいです」と、日々鍛錬している。


 スポーツと同じくらい好きなゲームだからこそ、プロゲーマーたちのプレイにも同じように感動する。「ギリギリの戦いとか、今まで見たことのない動きに感動しますね。マイケル・ジョーダンを見た後に、他の人の動きを見るとやっぱり違うように。それが自分の目標になるし、ああいう動きをいつかやりたい、練習して強くなりたいと思う」と、スポーツ界のスーパースターを例に出して語った。

 もちろんゲームだけに、激しく体を動かすわけではない。「どんなにパワーを入れてキーボードを使っても変わらないですからね」と笑ったが、だからこそ頭脳戦に興味を持った。「リーグ・オブ・レジェンドは将棋やチェスと似ているところがある本当に奥が深いゲームです。どれだけ先が読めるかが大事。トップクラスの人はイマジネーション(想像力)が違いますね」と、目の前の動きではなく、結果が出る過程や、その結果に導いた思考そのものに心を揺さぶられるという。


 「賞金首」では、コミッショナーという役回りで出演し、トッププレイヤーと、それを倒して賞金100万円を目指す挑戦者との熱いバトルを見守っていく。「一般的な5対5ではなく、1対1の戦いが見られます。毎回、いろいろな挑戦者が出てきて、それぞれのストーリーが出てくると思います」と期待した。また、インタビューの最後には「いつか挑戦者として賞金首を倒してみたいですね」と笑った。リーグ・オブ・レジェンドのプレイヤーとしてはまだ駆け出しのケインだが、笑みの中で光る目は本気そのものだった。


▶5/15(火) 20:00~ 勝ったら100万円!LoL 賞金首<本戦> #1


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000