日本のYAKUZAに外国人記者が愕然 映画『孤狼の血』外国特派員協会会見

 映画 『孤狼の血』(配給:東映、5月12日公開)の公開を記念して、5月8日に外国特派員協会会見が開催された。

  当日は本作の試写会も開催され会場からは惜しみない拍手が。その後、映画原作著者の柚月裕子氏と監督の白石和彌氏が登壇した。原作は2017年11月23日に台湾版が出版されており、今年6月にはフランスでの出版も予定されている。

 日本人以外の参加者が多く見られた本試写会。「自分はアメリカ人で“やくざの世界”が理解できなくて、観終わったいま衝撃で言葉が出ないのですが、この作品を通して何を語りたかったのでしょうか?」という質問が上がると、白石監督は「人間にとって正義とは何か?」がこの映画の大きなテーマのひとつです。また昭和がこの映画の舞台なのですが、日本にとって昭和は様々な大きな出来事が起きた時代でした。その昭和を強く生きていた人たちのような生き方をする人々が、昨今では少なくなってきているように感じます。そんな今の時代に、“こういった生き方をした人たちがいた”ということを伝えたかったということも、本作の大きなテーマのひとつです」と回答。また原作者の柚月氏は「これは世界共有かと思いますが、“生きることは辛く、大変なこと”だということを本作で描きたかったのです。そのひとつのテーマにつきます」と完結的に語った。


 さらに「『仁義なき戦い』のシリーズは戦後の広島が舞台で、原爆の影が重くのしかかってきていますが、今の時代に広島を舞台にする意味はどのようにお考えですか?」といった時代背景について質問されると、柚月は「本作を書き上げる前に現地に伺って、広島弁の強さというものを耳にし、その言葉の力強さで書き上げたいと思いました。また原爆資料館も訪れたのですが、資料館をでて、今の発展した街や人々をみると、ここまで復興するための「生きるための熱いパワー」を感じました。そのパワーを本作品にも引き継ぎたいと、この広島を舞台にしようと考えました」と、その理由を説明。舞台となった広島への想いを熱弁。白石監督も「『仁義なき戦い』のインパクトが強すぎて、やくざはみんな広島弁をしゃべっているのかと思うぐらいでした。キャストの方にも広島弁で書いた脚本をお見せすると、自分のやりたいことがすんなり伝わりました。そこは東映が作り上げてきた財産だと思います」とコメントした。

 「こういったジャンルの作品を女性が描くというところで、女性ならではのアプローチは何かありましたでしょうか?」という質問に対し、白石監督は「プロットが面白く、特に女性だからというところは意識しませんでした」とコメント。「ただ柚月先生の作品は上品さがありましたので、映画の大体下品なところは僕たちが付け足しました(笑)」と答え、会場の笑いを誘った。


 それに対し柚月氏は「常に感じていることなのですが、日本人女性は自分と同じ価値観の部分が多い相手を求める傾向にあると思いますが、男性はあるひとつの価値観が合えばお互い惹かれあうという、男性同士の潔い関係にとても憧れていました。ですので、なるべく男は男らしく描いたつもりだったのですが、映画で真珠を取るシーンや、石橋蓮司さんの印象的な台詞など、監督が作った部分が多々あり、そういった男性ならではの表現は監督には勝てませんでしたので、次回頑張ります(笑)」と答えた。


 最後に「原作は3部作とうかがっておりますが、やはり白石監督に監督してほしいと思いますか?」という続編を期待する声に、柚月氏は「もちろんです」と即答。白石監督も「柚月先生がこの原作を書いてくださったからこそこの映画ができましたし、『孤狼の血』がヒットしてくれれば是非続編も撮影したいと思います!」と意気込み、柚月氏が「続編が決まれば監督してくださいますか?」と問うと、「断る理由がありません!」と断言。柚月氏からは「私たち相思相愛です!」という言葉も飛び出し、その言葉に会場から惜しみない拍手が送られた。


ストーリー

 物語の舞台は、昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

 第69回日本推理作家協会賞受賞、「このミステリーがすごい!2016年版」国内編3位に輝いたベストセラー小説「孤狼の血」が、2018年5月12日、待望の映画化!


(c)2018「孤狼の血」製作委員会

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000