「見てるだけで1億円!運極ルーレット」ゲストに秘密あり!?/リアルカイジGP

 AbemaTVの人生逆転リアリティーショウ「リアルカイジGP」。その番組内で行われる、優勝賞金と同額の1億円を賭けた視聴者企画「運極ルーレット」が、早くも話題沸騰中だ。

 「見てるだけで1億円!運極ルーレット」は、AbemaTVがリアルカイジGPの賞金1億円とは別に、視聴者企画としてさらに1億円を用意した世界初の試みで、18歳以上であれば視聴者全員にチャンスがある。番組の途中で小出しにされる電話番号に電話をかけ、番組最後の生放送中に繋がった1人が「運極ルーレット」に挑戦。「赤or黒」「一の位を当てろ」「数字を当てろ」と3つのチャレンジをクリアできれば、1億円を手にすることができる。当選者が出れば、次週以降の運極ルーレットは行われない“早いもの勝ち”で、成功する確率は約1/600だ。


 今回の挑戦者は大阪在住、教育関係の仕事に従事する男性。1億円を獲得したら「自分の塾を作りたい」とのことだ。先週に続いて堅実な夢を持った彼は、まず1stチャレンジにて好きだからとの理由で「赤」を選択。生放送MC・平成ノブシコブシの吉村が「ファイナル1億」と何度問いかけても「はい」との返答で、相方の徳井からは「みのもんたさんのやつ、見てなかった?」と突っ込まれるなど意思の疎通は全く取れていなかったが、それでもボールは「赤の21」へイン。運極ルーレット初の2ndチャレンジへと駒を進めた。ちなみに、「ファイナル1億」との問いに「ファイナル1億」と返せば、ルーレットにボールが投げ入れられる仕組みだ。


 2ndチャレンジでは「1」を選択。「ファイナル1億」「はい」「みのもんたさんのやつ、見てなかった?」と同様のくだりが繰り返された後、ディラーよりボールが放たれた。


 「運極あるんじゃないですか」。徐々に速度を緩めるボールを見て、平成ノブシコブシ・吉村が無条件で次に進める「運極マス」への落下を予想するも、残念ながらボールは「黒の29」で動きを止めた。つまり、失敗。一度は「黒の31」に入ってはじかれただけに、何とも惜しい結末となった。挑戦者にはAmazonギフト券3万円分がプレゼントされる。


 億リストの歌手・声優Pileは番組ラストで「私の(CVを担当した)ラブライブのキャラが赤だったので、なんかラッキーな感じ」と発言。そのキャラクターが4月19日生まれであることも明かし、平成ノブシコブシの2人を驚かせた。次回の億リストはNMB48の市川美織。彼女のプロフィールを調べておくのも、攻略手段のひとつかもしれない。

(C)AbemaTV

▶△鉄仮面 or Dead▼ 『人生逆転リアリティーショウ』リアルカイジGP#2


▶4/29 22:00~ △『やり直せ!』怒号の大阪▼『人生逆転リアリティーショウ』リアルカイジGP#3


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000