けやき坂46の初舞台が開幕!渡邉美穂「涙が出て初めて役にのめり込めた」

けやき坂46が出演する舞台「あゆみ」が、本日4月20日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで開幕。これに先駆けて、同会場にて囲み取材と公開ゲネプロが行われた。



柴幸男が脚本、赤澤ムックが潤色・演出を手がける本作は、目には見えない時間の道を歩く”あゆみ”という女性の人生が10人1役で描かれる。けやき坂46のメンバー20人はチームハーモニカとチームカスタネットに分かれ、Wキャストで初めての舞台に挑戦。チームハーモニカは井口眞緒、潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高瀬愛奈、東村芽依、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂で構成、チームカスタネットには柿崎芽実、影山優佳、佐々木美玲、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひよりが名を連ねた。また本日初演前のゲネプロはチームハーモニカが実施した。


囲み取材で初の舞台公演が決定した時の感想を求められ、加藤は「初めて聞いた時、私は『嘘でしょ? 出来ない…』と思いました。舞台について何も知らなくて、怖いとか不安とかしか考えられなかったんです」と素直な思いを明かした後で「本格的な稽古が始まると演出家のムックさんをはじめ、スタッフさんが丁寧に指導してくださって。あと20人で支えあって稽古期間を過ごしたので、仲も深まったし、今舞台をやっていてとても楽しいと思えるので、今回このような機会を頂けた事にすごく感謝しています」と言葉を重ねた。続けて潮は「昨年、みんなでドラマをやらせていただいて、その中で演技の楽しさを学ばせていただいたので、ジャンルはちょっと違うかもしれないんですけど、演技だったりお芝居だったりがまた出来るんだなって。うれしかったですし、ワクワクな気持ちでした」と声を弾ませた。


記者からゲネプロの感想を聞かれ、佐々木久美は「始まる前は緊張してしまって。自分たちはこの舞台を通し稽古でやっているので、初めて観てくれる方がどういう風に感じてくださるのかな、と不安だったんですけど、みなさんが見入ってくださってるのが解って。そこで私たちもさらに気合いが入ったし、今までで1番良い舞台ができたんじゃないかなって思います」と自信を覗かせる。また渡邉も「最後に『ごめんなさい』っていっぱい謝るシーンがあって、ちょっとそこで本当に申し訳ない気持ちになって涙が溢れてしまって。でも初めてだったんですよ、こうやって涙が出たのが。初めて役にのめり込めたなと感じられました」と手応えを語った。


今作で犬役を演じる松田は「犬を飼った事がなかったので動画を見たり」と動きを研究してから稽古に臨んだという。同じく犬役を演じる佐々木久美は「(グループの中で)身長が1番大きいので絶対に犬役はないだろうなって思ってたんですけど、まさか犬役で」とエピソードを語ってから、「好花ちゃんは小型犬で私は『大型犬に見える』ってスタッフさんに言われて(笑)。同じ犬の役なので共通させるのが難しいなと思いました」と苦労を語った。また、お気に入りのシーンについて質問が飛ぶと、加藤は率先して挙手し「寝っころがるシーンがあるんですよ。そこが唯一休めるんです。そこが好き(笑)」と話して会場の笑いを誘っていた。


最後に「舞台のパンフレットに『もう妹分、アンダーなんて言わせない…どの坂だって越えてみせる!』と記載されているんですけど、越えられそうですか?」と記者から質問が飛ぶと、佐々木久美が「漢字さん(欅坂46)に比べたら知名度も低いし、成し遂げてきた事も少ないですけど、私たちの良さを皆さんに知ってもらえるキッカケにこの舞台がなればいいと思います」とアピールに繋げて、会見を結んだ。


公演は5月6日まで行なわれる。


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000