水道橋博士、揺れるオフィス北野の運用資金で1億円に色気「リアルカイジGP」企画

 タレントの水道橋博士が4月15日、自身のTwitterを更新。“1億円が貰えるかもしれない”AbemaTV(アベマTV)の人生逆転リアリティーショウ『リアルカイジGP』について言及している。

 先日、北野武が所属事務所「オフィス北野」から独立した件について、自身のブログにて騒動の経緯を説明した水道橋博士。「平成29年9月末決算において、オフィス北野が赤字に転落してしまった」と綴っており、その経営状況は深刻な様子。


 このタイミングで行われた人生逆転リアリティショウ『リアルカイジGP』の1億円獲得チャンス企画に対し、「これあたったら、事務所の運用資金にあてられるなぁ。」と事務所立て直しを示唆する内容を綴っている。


 1億円獲得のカギを握るのは「運極ルーレット」と名付けられたルーレット。生放送中に、出演者と電話がつながりルーレットを3回的中させれば視聴者でも1億円がゲットできる。番組内で明かされる番号に電話が殺到すると思われるが、つながった時点で1億円の確率は約1/600と、宝くじなどの当せん確率と比較すれば、とてつもない高確率で大金を得られるチャンスとなる。


 水道橋博士も注目する人生逆転リアリティショウ『リアルカイジGP #2』は22日よる10時から放送。 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000