トレンディエンジェルvsとろサーモン、M-1王者代理戦争勃発

 AbemaTV『極楽とんぼKAKERUTV』(4月12日放送)の3時間スペシャルとして、「芸人最弱ドッチボール決定戦!最下位はへそピアス!」が開催された。


 お馴染みの競技ドッジボールで“最弱”を決めるこの企画。参加メンバーは極楽とんぼと、前回行われた“へそピアスボウリング”でお揃いのへそピをつけることになってしまった品川庄司のほか、アルコ&ピース、安田大サーカス、パンサー、とろサーモン、そしてトレンディエンジェルも初出場を果たした。


 今回はコンビ芸人に加え、3人目のプレーヤーとしてマネージャーも参加し3対3で戦うルール。最終的に“最弱”に決定したコンビは、生放送中にガチでへそピを開けることになる。


 1回戦第3試合は、とろサーモンvsトレンディエンジェルというM-1王者同士の組み合わせとなった。とろサーモンは、前回のボウリング対決で奇跡の大逆転勝利を飾り、その1か月後にM-1王者になるという、いわゆる“持っている”コンビだ。


 対するトレンディエンジェルは、その見た目からは想像できないがスポーツ少年だったそう。たかしは甲子園を目指していた球児で、斎藤司も、サッカー、テニス、社交ダンスの経験があり、スポーツ万能だというから驚きだ。

 そんな2チームの対決は、トレンディエンジェル・たかしが投げたボールで、とろサーモン・久保田と村田が連続アウト。とろサーモンの内野はマネージャー・小早川のみとなるが、またしてもたかしが野球仕込みの豪速球で小早川さんをアウトにし、難なく勝利を掴んだ。


(C)AbemaTV

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000