ドラゴンボールとプリキュアがまさかのコラボ!映画『孫悟空VSキュアエール』製作決定

 劇場版シリーズが遂に20作品目のメモリアルを迎え、12月14日に公開日も決定し更なる盛り上がりを見せる映画『ドラゴンボール超』(仮)。また今年15周年のアニバーサリーイヤーを迎え歴代の劇場版プリキュアのNo1大ヒットスタートを切り今乗りに乗っている『映画プリキュアスーパースターズ!』。エイプリルフールの4月1日、東映株式会社は、これらの次回作となる奇跡のコラボレーション“超”大作『映画ドラゴンボール超×映画プリキュアスーパースターズTHE MOVIE孫悟空VSキュアエール』の製作を発表した。


 「ドラゴンボール」の孫悟空と「HUGっと!プリキュア」のキュアエールが主人公となる本作は、1973年に東映まんがまつりとして公開され、当時大きな話題となった『マジンガーZ対デビルマン』などの“東映のVS作品”を彷彿とさせる“超”豪華なコラボ作として遂に始動する。絶大な人気を誇る2大コンテンツのコラボ企画は2019年4月1日に公開される。今回解禁となったビジュアルは、孫悟空とキュアエールがそれぞれ並び立ち、中央には『超(SUPER/スーパー)なのは、どっちだ!!?』のメインコピーが記され、どちらが最強の“スーパー”なのか?まさかの対決を明示するようなビジュアルになっておりファンの期待を煽るものとなっている。


 今回の発表に際し、配給の東映は、「まさに前代未聞の“スーパー”対決!日本のみならず全世界、全世代の人々に楽しんでもらえる文字通り“スーパー”な企画です。大人気の「ドラゴンボール」と「プリキュア」だからこそ子供から大人まで楽しんでもらえる超大作になること間違いなし!」とコメント。更に、製作発表と同時に全世界同時公開も決定している本作。全世界の注目が集まる期待作がいよいよ始動する。


(C)バードスタジオ/集英社 

(C)「2018ドラゴンボール超」製作委員会 

(C)2018 PSSMC 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000