篠崎愛、投げキッスでお別れ 遂に来週最終回!

 21日『篠崎愛の初体験ラボ』(AbemaTV)が放送された。篠崎愛が世の中の人に代わっていろんなことを初体験し、結果を報告するアブナイ生検証バラエティだ。


 今回は「篠崎愛が初めて番組スタッフに提案したけど無視され続けていた『やりたい事』をやりたいだけやったら??」というテーマのもと、1時間で12個の「やりたい事」に挑戦した。


 8つもの「やりたい事」をやり切った篠崎だったが、番組時間がなくなったため残りの4つには一気に挑戦することに。20キロもある本物のストーンを使った“カーリング”をすると、“ガソリンスタンド店員”になりたいという希望からアルコ&ピース・平子祐希が客になって「ガソリンスタンドのミニコント」を披露。そのまま洗面器に入ったシャーベット状の氷を使って「冷たい、あー!」と叫びながら“かまくら作り”に挑戦し、最後は泥に手を突っ込んで“泥パック”を体験した。


 強引ながらもすべての企画に挑戦し終えた篠崎が「すごいやりましたね、最後なんだったか分からなかったんですけど」と振り返っていると、アルコ&ピース・酒井健太が「ワケがありまして」と切り出し、平子が次週のテーマを紹介。フリップに書かれていたのは「篠崎愛が最終回を初体験したら??」という衝撃的なもので、篠崎は「どひゃー!」とベタにリアクションした。


 酒井から「驚きましたか?」と聞かれた篠崎は「悲しい、2年くらいやってましたよね、ずっと」と心境を吐露。「もうちょっと仲良くなろうってこの前言ったばかりですよね、番組で」と嘆く篠崎に、平子も「またなんか一緒にできたら」と言葉を掛けると、しんみりした空気に。 


 平子が「最後の最後一体何をやるのか、ご期待頂ければと思います」と告知すると、酒井も「お楽しみにということで」と続き、篠崎は「来週で最後だよ、みんなちゃんと見てね」と、視聴者に呼び掛け投げキッスした。


(C)AbemaTV 

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000