ベビレ林愛夏、「レット・イット・ビー」にすべてを込めた…番組終了にファン「信じられない」

 アイドルグループ・ベイビーレイズJAPANの林愛夏が、冠番組へのすべての思いを込めてビートルズの「レット・イット・ビー」を熱唱した。

 映像配信プラットフォーム「FRESH!」の「林愛夏の音楽準備室2」は、27日放送のライブ生放送2時間SPで最終回を迎える。20日に放送された同番組は、通常回としては最後になった。そんなラストに相応しい今回のテーマはビートルズ。林は、「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」「All You Need Is Love」「レット・イット・ビー」を歌い上げた。


 最後の「レット・イット・ビー」を歌い終えると、林は少し涙目になりながら語り出した。


 「(歌いながら)スタジオをめっちゃ見ました。最後だと思って、(作編曲家・杉田未央のピアノが)聞こえてくる距離感の感じとか、視界に入るモニターとか、カメラとか、後ろにみんな(ファン)がいるとか、かんちゃん(9nine・吉井香奈恵)とか、三浦委員長先生(空想委員会・三浦隆一)とか、全部が最後と思って、(マイクを指さし)ここに、君に、このあなたに、全部を入れた。すべてを入れた。だから、届いていたら良いな」。


 頬を紅潮させ、一気にまくし立てるように心情を明かした。


 その様子に視聴者からは「愛夏ちゃんの気持ち、伝わったよ」「本当にこの人はすばらしい」「涙が止まらない」と感動の声が寄せられた。さらに、「次で最終回とか信じられない!」「マジで終わらないで!」「こんなに良い番組が終わるなんて信じられない!」と続編を期待する声も多数上がっていた。

(C)林愛夏 公式チャンネル ※画像はFRESH!

▶林愛夏 公式チャンネル


続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000