立川志らく、『家族はつらいよ』に初出演 場面写真解禁

 映画界の巨匠・山田洋次監督が国民的映画「男はつらいよ」シリーズ終了から20年の時を経て作り上げた、ファン待望の喜劇映画「家族はつらいよ」。シリーズ第三弾『妻よ薔薇のように 家族はつらいよ3(3は正式にはローマ数字表記)』が5月25日(金)に公開となる。


 最新作のテーマは、【主婦への讃歌】。三世代が同居する一家(平田家)の家事を担ってきた主婦・史枝(夏川結衣)が家出をすることで、家族の暮らしが崩壊してゆく様をユーモラスに描いている。笑って、泣いて、しみじみと胸を打つ作品だ。

 この度、本作で山田洋次監督作品初出演となった立川志らくのメイキング&新場面写真が解禁。本作では、泥棒に入られた平田家に現場検証に訪れる刑事役で出演。志らくと言えば、2017年ブレイクタレントランキング第3位、出演番組数は240本を超えるほどメディアで見ない日はない多忙な人気落語家。大の落語好きで知られている山田監督は、そんな志らくへ映画出演のオファーをし、本当に出演してもらえるのか不安だったという。


 しかし、自らを『男はつらいよ』博士というほど山田監督作品の大ファンである志らくは、監督からのオファーに「最も敬愛する監督の作品に出演することになった」と意気込みを見せ本作への出演が実現。撮影当日も志らくは「昨日、テレビ(BSジャパン「やっぱり土曜は寅さん」)で観た『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』のあまりの完璧さに(出演者として撮影に参加することが)怖くなってしまいました。出演できるだけで幸せです」と本作への出演に挑む気持ちを明かした。

 そして、平田家の長女・成子(中嶋朋子)の夫・泰蔵を演じた同じく落語家の林家正蔵とも共演。本編では落語話で盛り上がる一幕もあり、思わずクスリと笑ってしまうシーンに注目だ。さらに、完成した映画をいちはやく見た志らくは「正蔵さん、面白い。」とツイートすると、志らく師匠が褒めたと話題に。さらに、前作では火葬場の職員役で出演した笑福亭鶴瓶は、本作ではどんな登場となるのか、毎作劇場が大笑いとなる鶴瓶の出演シーンに目が離せない。映画・ドラマ・バラエティ・ラジオなど第一線で幅広く活躍する人気落語家たちが本作ではどのようにその手腕を光らせるのか。

ストーリー

 史枝(夏川結衣)は、育ち盛りの息子ふたりと夫・幸之助(西村まさ彦)、その両親3世代で暮らす主婦。ある日、家事の合間にうとうとしていた昼下がり、泥棒に入られ、冷蔵庫に隠しておいたへそくりを盗まれた!!夫から「俺の稼いだ金でへそくりをしていたのか!」と嫌味を言われ、余りに気遣いの無い言葉にそれまでたまっていた不満が爆発した史枝は、家を飛び出してしまう。


 一家の主婦が不在となった平田家は大混乱!身体の具合の悪い富子(幸之助の母/吉行和子)に代わり周造(幸之助の父/橋爪功)が掃除、洗濯、食事の準備と慣れない家事に挑戦するがそんなこと続くわけがない。家族揃って史枝の存在のありがたみをつくづく実感するのだが、史枝が戻ってくる気配は一向にない。


 家族会議、緊急召集!平田家崩壊の危機か!?ダメ夫を持つ全ての女性が笑って共感し、しみじみ泣けて励まされる。映画界の巨匠・山田洋次監督が贈る、新・国民的喜劇シリーズ第3弾。


(C)2018「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」製作委員会

続きを見る

0コメント

  • 1000 / 1000